岩渕健輔、ラグビーW杯と東京五輪のためにBACK NUMBER

リオ五輪のラグビー、日本の相手は?
岩渕健輔が各国の弱点を徹底解析。

posted2016/08/03 17:00

 
リオ五輪のラグビー、日本の相手は?岩渕健輔が各国の弱点を徹底解析。<Number Web> photograph by AFLO

オーストラリア守備陣を切り裂く福岡堅樹。五輪でメダルという目標へ準備は整った。

text by

岩渕健輔

岩渕健輔Kensuke Iwabuchi

PROFILE

photograph by

AFLO

 こんにちは。日本ラグビーフットボール協会、代表GMの岩渕健輔です。

 いよいよリオ五輪の開幕まで2日となりました。今回は男女7人制の戦い方について、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

 まず男子はプール組分けで、ニュージーランド、イギリス、ケニアと対戦します。

 そもそもラグビーのオリンピックは12カ国しか出場できませんし、日本と対戦する3チームはいずれも強豪です。しかし私自身は、日本はくじ運に恵まれたという印象を持っています。

 最大の理由は、対戦相手との「相性」です。

 これらの3チームには、世界的に見てもきわめてアスリートしての能力が高い選手が揃っていますが、比較的、正攻法の戦い方をしてくるため、事前にしっかり分析を行うことにより、対策を練りやすい相手です。

 事実、過去の対戦ではニュージーランドにも素晴らしいパフォーマンスを見せることができましたし、イギリスチームの母体となるイングランドとは、今年のワールドセブンズシリーズで引き分けています。またケニアには勝利も収めました。プール組分けの対戦相手としては、決して相性は悪くありません。

初戦のニュージーランド戦が、最大の難敵。

 では、日本代表男子は、どう戦っていうべきでしょうか。

 まず初戦であたるニュージーランドは、非常にバランスのいいチームであるだけでなく、日本がこれまで勝ったことがない相手です。

 7人制の大会を制するために求められる要素=初戦で波に乗って、短期間のトーナメントを勝ち抜いていくという意味でも、ニュージーランド戦は最大の山場になります。

 まず攻撃においては、日本が攻撃を仕掛ける時間帯をできるだけ長くすることが目標になります。そのためにはセットプレーと呼ばれる局面、スクラム、ラインアウト、キックオフからのリスタートで、いかにマイボールをキープできるかが鍵になります。

 具体的にどのような戦術をとるかについては、本大会でのお楽しみにしていただければと思いますが、そのための対策は合宿でしっかりと練ってきました。7人制ラグビーでは試合時間も短い分だけ、逆に様々な戦術を準備することができるのです。

【次ページ】 グラウンドを広く使う展開に持ち込ませないために。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
岩渕健輔
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

ページトップ