“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

東福岡インターハイ3連覇の行方は?
有力校とJクラブも注目の選手たち。

posted2016/07/26 11:00

 
東福岡インターハイ3連覇の行方は?有力校とJクラブも注目の選手たち。<Number Web> photograph by Takahito Ando

全国高校サッカー選手権では得点ランキング2位タイとし、青森山田のベスト4進出にも貢献した高橋壱晟。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 夏の高校スポーツと言えば、全国高校野球選手権大会の他に、全国高校総体ことインターハイが挙げられる。インターハイのサッカー競技では、全国の予選を勝ち抜いた計55校が、今年は広島の地に集結して一発勝負のトーナメントでしのぎを削る。

 今大会の最大の注目ポイントは、東福岡が前人未到の3連覇を成し遂げるかどうかにある。

 一昨年、昨年とインターハイを連覇し、昨年度の全国高校選手権も制した東福岡は、DFの小田逸稀、児玉慎太郎、MFの鍬先祐弥、藤川虎太朗といった昨年からのレギュラーに加え、高江麗央(MF)、福田湧矢(MF)ら将来有望な選手も多数抱え、偉業達成を現実的に視野に入れている。

 この東福岡をどこが止めるのか――。

 王者の首を虎視眈々と狙っている刺客たちも、その牙を研ぎ澄ましている。ここではその刺客たる有力校を取り上げてみたいと思う。

ライバル筆頭は青森山田と市立船橋。

 まずはライバル筆頭として打倒・東福岡を誓うのが、青森山田と市立船橋だ。

 両チームともに東福岡と同じ高円宮杯プレミアリーグに所属(東福岡はWEST、青森山田と市立船橋はEAST)しており、全国トップクラスの力を有している。この2つの刺客には、プロ注目の選手が複数存在する。

 青森山田は千葉入団内定のMF高橋壱晟と、FC東京入団内定のGK廣末陸のすでに2人の選手がいる。

 高橋の魅力は、正確なパスとゴール前の飛び出しで、チャンスメークとフィニッシュワークの両方をこなすことにある。実際、自らが起点となってそのままゴール前までスプリントし、ゴールを決めてしまうシーンも多く見て来た。“試合を作って、試合を決める”――昨年度の選手権の準々決勝・富山第一戦で決めた決勝弾は、まさにその形だった。

「サイドに展開してから、ゴールまでの道筋がはっきりと見えたんです。『必ずボールが来る』と思って走り切ったら、本当に正確なセンタリングが届いた。ヘッドで押し込んだ瞬間、物凄く嬉しかったし、気持ちよかった。ああいうプレーをもっとしたいと思った。そのためには自陣のペナルティーボックスから相手のペナルティーボックスまで動き続ける運動量がもっと必要だし、フリーランニングの質も動き出しの質ももっと必要。そこを上げて行きたい」

【次ページ】 青森山田の7番と10番が意味するもの。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
小田逸稀
児玉慎太郎
鍬先祐弥
藤川虎太朗
高江麗央
福田湧矢
高橋壱晟
廣末陸
差波優人
柴崎岳
神谷優太
郷家友太
杉岡大暉
原輝綺
京都橘
岩崎悠人
東福岡高校
青森山田高校
市立船橋高校
インターハイ

ページトップ