JリーグPRESSBACK NUMBER

「穴を埋める」ではなく、自分の色を。
主力不在の鹿島と浦和で輝く選手達。 

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byMiki Sano

posted2016/07/25 11:30

「穴を埋める」ではなく、自分の色を。主力不在の鹿島と浦和で輝く選手達。<Number Web> photograph by Miki Sano

2013年から3年連続で二桁得点の興梠慎三はまぎれもなく浦和のエースである。しかし、だからといって李忠成もFWとして敗北を認めたわけではない。

「穴だらけ」どころか見どころ満載の好ゲーム。

 1トップに李、柏木を2シャドーの一角に上げ、ボランチに青木を置く形にしたことで、中盤の守備力とフィジカルの強度が高まった。これは今後の五輪期間中も、貴重な戦略となる。そしてなにより、五輪組に代わって出場した浦和の選手たちが「穴を埋める」とは考えていなかったことが、2-1の勝利以上に大きなこの日の収穫だろう。それは、遠藤のいない3バックの真ん中に入った那須大亮の言葉が象徴している。

「誰かの代わりということじゃなくて、選手はそれぞれ色が違う。試合に出た選手は、その色を出せばいいし、色が出せれば、チーム力が下がるようなことはない」

 鹿島の中村やファン・ソッコも含めて、各選手が「色」を出しながら積極的にプレーする。3万249人の声援に後押しされるように、互いが意地と意地をぶつけ合った90分間は、「穴だらけ」どころか見どころ満載の好ゲームになった。

関連コラム

BACK 1 2 3
中村充孝
李忠成
浦和レッズ
鹿島アントラーズ
青木拓矢

ページトップ