打者・大谷翔平と投手・大谷翔平が対戦したら、勝つのはどっち?

集計グラフを見る

 オールスターゲームに投手ではなく打者として登場し、ホームラン競争優勝に続き、2試合目にはDHとしてホームランを含む3安打2打点でMVP・・・続きを表示

●打者・大谷
●投手・大谷

1-19件を表示 / 全19

すべて| 打者・大谷| 投手・大谷|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • 現状では投手・大谷の方が完成度が高い。日本球界最速のボールがコーナーに決まれば、打者が打ち返すのは容易ではない。最も好きなコースに来ても、バットがへし折られる?

    はまじいさん2016/07/22 05:47に投稿

    2
    そう思う!
  • 今の状態で対戦したら恐らく投手が優勢、但し二、三年後には打者が勝る気がします。そう思わせるくらい彼の打撃センスは凄いし、伸びしろも大きい。日本では対戦相手に限界があるので、動体視力が落ちる前に是非打者大谷で挑戦して欲しいです。メジャー側は投手大谷を求めるでしょうが、打者で挑戦する方が長く活躍できるのはないかと。

    ぱぱさんさん2016/07/22 08:24に投稿

    2
    そう思う!
  • どちらの能力もすごいが打者としての能力はまだ底が見えない。強靭な肉体だけでなく柔軟な対応力も兼ね備えているので打者大谷が打ち返すと思う。

    ゆーいちろーさん2016/07/22 13:55に投稿

    2
    そう思う!
  • 単純な1vs1だと投手です。
    理由はプレッシャーが少なく思い切り投げられるから。

    条件付けでランナー有だとか後逸でも負けだとかになれば打者にも勝ちの目が出ます。
    コースや球種が制限され選択肢が減るからです。

    この質問漠然としすぎてます。

    tronさん2016/07/23 00:45に投稿

    2
    そう思う!
  • 160kmオーバーの速球を相手打者にファウルされている事が多い投手・大谷に対し、打者・大谷は今年、素晴らしい対応力を見せているので。この対決は、「打者・大谷」が勝つと思います。

    ちょくさん2016/07/23 12:02に投稿

    2
    そう思う!
  • 勝った負けたの基準がわからないのですが…1打席限定、ノーアウト走者なし、なら「投手」かなあ。
    打者としての適応力も間違いなくすごいし、抑えるのは容易なことではないと思います。それでも、(現状)163km/hのストレートと変化球を組み合わせた投球術で、三振とはいかないまでも、内野ゴロとかには抑えることはできるのではないでしょうか。
    もちろん振り逃げとかフライ落球といった、単純な力勝負以外の要素で出塁できるという部分もあるかもしれませんが、そこまで入れての「打者」勝利というのは違うのかな。

    するのは苦手見るのは得意さん2016/07/23 12:48に投稿

    2
    そう思う!
  • 打者・大谷は投手・大谷の160キロを経験したことがない。これは大きなハンデになる。打者・大谷も160キロを超える球を打てる身体能力はあるだろうけど、経験したことない球をイキナリバットに当てることは難しいだろうから投手・大谷が勝つと思う。

    ogaさん2016/07/25 22:11に投稿

    2
    そう思う!
  • 投手としてはいまや国内最高の投手ですよ。
    メジャーに現時点で移籍してもほぼどのチームでも1番手か2番手のレベル。
    打者としてはチームで一番ではあるが、パリーグのトップレベル。
    普通に考えれば投手でしょ。
    だけどやっぱ凄い選手だわ。
    元選手の誰かが言ってたが日本プロ野球史上最高の素質、素材というのは間違いないです。

    ファルコンさん2016/07/25 22:53に投稿

    2
    そう思う!
  •  矛盾というのはこのようなことをいうのでしょうね。51%の確率で投手大谷が打者おおたにを抑えると思います。野村監督は球を遠くへ飛ばす、速い球を投げるのは天賦の才能と言いましたが、163キロの最速の投球術が僅差勝るのかと思います。

    手許 不如意さん2016/07/22 12:14に投稿

    1
    そう思う!
  • 3割打てる気がします、なので打者大谷に1票!
    200勝、2000本安打で伝説を作って欲しい!!

    kan10さん2016/07/23 06:56に投稿

    1
    そう思う!
  • 手がつけられないほど絶好調の投手・大谷を打てるのは、打者・大谷しかいない。

    投手・大谷として自分が投げている球はいつも見ているわけだから、打者・大谷は球筋を見極められるはず。オールスターのように勝負が前提で対戦するのであれば、打者・大谷が有利。

    また投手・大谷の投げミスの方が、打者・大谷のミスショットより多いと思う。そのくらい打者・大谷の完成度が上がってきている。とすれば、1シーズン真剣に戦ったとしても、3割以上打てると思う。

    もっとごーさん2016/07/24 19:41に投稿

    1
    そう思う!
  • 打者大谷選手と同じレベルの打者は他にもいるが、投手大谷選手と同じレベルの投手はなかなかいないので、打者大谷選手のレベルを多く体感できる投手大谷選手が、有利かつ勝てる確率が高いと思う。

    YASUBEYさん2016/07/24 21:06に投稿

    1
    そう思う!
  • 昨シーズンが不本意な打撃成績に終わったことから、今年は2月のアリゾナキャンプ当初から逆方向を意識した打撃に取り組む姿勢が印象的だった。昨年は投手として最多勝を含む投手3冠を獲得するなど文句の付けようがないシーズン成績だったが、今年は開幕当初から勝てない日々が続いた。ここらへんが前人未到の二刀流挑戦を両立させる難しさでもあり、障害となる部分でもあろうか。だからこそ今シーズンは特に打撃面に力を入れているのは明らかで、現時点で放った11本塁打のうち、中堅から右方向へは4本。その反対の中堅から左方向へは7本と、より顕著に数字となって現れている。投手としての実績面は今さら説明不要だろうが、先日のオールスターにおける打撃を見せつけられると架空の話にはなるが、投手として配球面などは頭にインプットされているであろうから、打者・大谷翔平が左中間方向への長打で投手・大谷翔平を粉砕するといったところだろうか。

    スターマンさん2016/07/25 18:19に投稿

    1
    そう思う!
  • 入団当時から投手か打者かと言われたら、私は打者一本でいってほしいと思っていました。その理由として打者のほうが寿命が長いからです。ただそれだけの理由です。
    この質問は、サイレンススズカとディープインパクト、ともに武豊に乗せて府中の2,000m走ったらどちらが勝つかの質問に近いと思いました。

    1993teioさん2016/07/29 11:54に投稿

    1
    そう思う!
  • 簡単ですよ。勝つのは投手の大谷。投手として打者・大谷クラスの選手との対戦経験はあるが、打者として投手・大谷クラスとの対戦はないですから。

    わっきーさん2016/07/31 06:43に投稿

    0
    そう思う!
  • 彼自身がどちらが好きかを考え、これまでの言動を見ていると、どう考えても打つほうが好きだと感じられて仕方がない。
    よって好きな方と思われる打者・大谷が勝つ。(打ち取られたりはしない)

    ハンいんきょオヤジさん2016/07/31 19:08に投稿

    0
    そう思う!
  • 満塁でもない限りは際どい所突きつつカウント悪くなったら歩かせて中田勝負にすればいい投手大谷が有利だと思う。

    hisarukiさん2016/07/22 09:49に投稿

    0
    そう思う!
  • 一振りで仕留めるよ。

    たけまろさん2016/07/23 21:48に投稿

    0
    そう思う!
  • 例えば、その場面が同点9回裏1死3塁の時、打者の観点からすれば勝利条件は本塁打ではなく犠飛もしくは四死球である。自明のことだが、一打者と一投手の勝敗はチームの勝敗に鑑みて絶対的なものではない。
    この稿では仮に、打者の敗北条件をインプレーの打球を打てないこと(三振)、また投手の敗北条件を被本塁打と、それぞれ定義しておく。

    打者・大谷の通算成績(2013-2016)=232試合556打席
     155三振(三振率0.279個)
     18本塁打(本塁打率0.032本)
    投手・大谷の通算成績(2013-2016)=492_2/3投球回
     561奪三振(奪三振率1.139個)
     22被本塁打(被本塁打率0.045本)

    実際には、打者・大谷は4打席に1回ほど三振をとられ、残り3打席に1本の安打を打つと想像できるが、その安打が本塁打になる可能性はかなり低いのではないか。

    calibra16vさん2016/07/24 09:36に投稿

    0
    そう思う!

ページトップ