セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

インザーギ、ガットゥーゾ、オッド。
2006W杯優勝メンバー、指導者の今。

posted2016/07/17 11:00

 
インザーギ、ガットゥーゾ、オッド。2006W杯優勝メンバー、指導者の今。<Number Web> photograph by Getty Images

ACミランでは失望を味わったフィリッポ・インザーギ。しかし、そんなことで彼の情熱が消えるわけはない。復活に期待したい。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

Getty Images

 フィリッポ・インザーギが、再び現場に帰ってくる。

 イタリア3部のベネツィアで、指導者としての再起を期すのだ。

「家でじっとしているのは気分が悪い! 監督として再出発だ。まるでミランに入団した日のような緊張と興奮だよ。勝者のメンタリティをチームに植え付けたいんだ」

 就任会見では、まるで入団した新選手のように背番号9が入ったベネツィアのユニフォームを贈られ、満面の笑みを浮かべた。今すぐにでも現役復帰できそうなほど、インザーギの身体は精悍に絞られている。

 4年前に引退して監督へ転身したインザーギは、'14年の夏、指導者転向後わずか3年目にして、古巣ミランのトップチーム監督へ就任。10位に終わったシーズンの終了後、成績不振の責任を問われてあえなく解任された。トントン拍子で出世したはずが、挫折と失望しか残らなかった。

意気込むインザーギは、キャンプ開始日を繰り上げ。

 浪人監督となり、故郷ピアチェンツァで家族と過ごしたり、釣りをしたりして過ごしたが、あのインザーギがそう長くじっとしていられるはずもない。

 かつてMF名波浩がプレーした水の都のクラブは、今世紀に入ってから破産や経営陣交代を経て、今夏3部昇格を果たしたばかり。だが、新スタジアム構想までぶち上げるタコピーナ会長の鼻息は荒い。

「我々の計画はセリエA昇格まで見越したものだ。ピッポ(・インザーギ)は勝利に飢えている。ベネツィアは彼の指揮で勝利するのだ」

 新監督インザーギは、1年ぶりの現場復帰に逸る気持ちを抑えきれない。フロントに懇願して、プレシーズンキャンプの始動日を1週間早めてもらった。

「今季はどのチームもうちを倒そうと躍起になるはずだ。昇格を勝ち取るのは難しいが、やるしかない」

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、インザーギの再出発をかつてベネツィアから出航した冒険家マルコ・ポーロになぞらえた。

 悠久の世界的観光地であるベネツィアは、2016年現在の欧州サッカー界にあっては微々たる存在に過ぎない。

 それでも、“スーペル・ピッポ”は、辺境ともいえる水の都から再びサッカー界の荒波へ漕ぎ出した。

【次ページ】 ドイツ優勝メンバーの出世頭はオッド!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
フィリッポ・インザーギ
ジェンナーロ・ガットゥーゾ
マッシモ・オッド

ページトップ