Number ExBACK NUMBER

高校野球の地方大会で見るべき
オススメの逸材、全12人一挙紹介!

posted2016/07/11 17:00

 
高校野球の地方大会で見るべきオススメの逸材、全12人一挙紹介!<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

早実のふたりの注目選手、野村大樹(左)と清宮幸太郎。夏の甲子園を沸騰させることができるか?

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number

 高校野球の地方大会開幕を特集したNumber905号掲載の「夏の主役は俺たちだ!」では、今大会で注目すべき選手たちを紹介している。通常、この手の企画では甲子園出場が確実視される強豪校や、ドラフト候補を取り上げることが多いのだが、今回はちょっと違う視点から選ぶことにした(念のために付け加えると、甲子園常連校やドラフト候補を外したという意味ではありません)。

 編集部が厳選したのは8校12人。なぜ、この球児たちを地方大会から見ておくべきなのか、その理由を紹介しよう。

photo by Hideki Sugiyama

 寺島成輝(3年・投手・大阪府・履正社)

 今年3年生の1998年生まれ世代で、実力ナンバーワンの左腕。これだけでも必見の選手だが、甲子園出場経験がないだけに、最後の夏にかける思いは強い。昨年の夏は永遠のライバル校である大阪桐蔭と初戦(2回戦)で当たり、9回完投も虚しく敗北。その悔しさをバネにして最速148kmの直球をさらに進化させた。

photo by Tamon Matsuzono

 北村朋也・山田啓太(3年・投手・神奈川県・東海大相模)

 昨夏の甲子園を制した東海大相模には、左の小笠原慎之介(現・中日)、右の吉田凌(現・オリックス)という2枚看板がいたが、実は今年も右腕の北村と左腕の山田という2枚看板で神奈川大会3連覇を狙っている。また、昨年まで北村は吉田と、山田は小笠原と寮で同室だったのだ。日々の生活のなかで2人が先輩から学んだものとは?

【次ページ】 公立校に現れたダイヤの原石とも言える逸材。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
寺島成輝
北村朋也
山田啓太
才木浩人
米麦圭造
美濃晃成
村上宗隆
五十幡亮汰
小野寺瑞生
渡部雄大
牧内大斗
野村大樹
履正社高校
東海大相模高校
須磨翔風高校
早稲田実業高校
東海大甲府高校
佐野日大高校
九州学院高校
高松商業高校
甲子園
全国高等学校野球選手権大会

ページトップ