畠山健介のHatake's roomBACK NUMBER

フミさん、トシさんと訪れた被災地。
畠山健介が考える「行動できる人間」。

posted2016/07/11 11:30

 
フミさん、トシさんと訪れた被災地。畠山健介が考える「行動できる人間」。<Number Web> photograph by Kensuke Hatakeyama

スポーツ、そしてアスリートには、やっぱり子供たちを笑顔にする力があるのだ。

text by

畠山健介

畠山健介Kensuke Hatakeyama

PROFILE

photograph by

Kensuke Hatakeyama

 2016年4月14日、九州地方の熊本県、大分県で地震が発生。2日後の4月16日の地震のほうが規模が大きいらしく、本震とされているようだ。14日の地震は前震となっている。

 6月1日、僕はフミさん(田中史朗)とトシさん(廣瀬俊朗)と熊本県益城町、益城中央小学校を訪問した。

 キッカケはフミさんだった。熊本・大分地震があった時、フミさんはスーパーラグビーのシーズン中でニュージーランドのオタゴにいた。

「自分に何か出来ないか?」と多くの人は考える。実際、僕もそうだ。しかし、考えながらも行動に移すのは難しかったりする。フミさんは「自分に何か出来ないか?」というところから、実際に行動出来る人間だ。

 フミさんはまず、普段から仲が良く、同じスーパーラグビーのシーズン中のためオーストラリアにいたマツ(松島幸太朗)と連絡を取り合い、連名で義援金サイトを立ち上げた。僕はSNSで義捐金の呼びかけなどで協力した。

 そして、フミさんとマツが6月の代表遠征のために帰国するタイミングで、熊本に行こうとなった。トシさんも熊本に行く予定があるということを知り、4人で一緒に行くこととした。

僕は気仙沼出身、5年前には実家が流された。

 僕は宮城県気仙沼市出身。5年前の東日本大震災で実家が被災した。両親や家族は無事だった。しかし両親と姉が住んでいた実家は流されてしまった。地震や津波自体には耐えられたようだが、津波で流れてきた他の家屋の衝撃に耐えられず、津波の勢いも相まって流されてしまった。僕の家だけでなく、生まれ故郷の気仙沼の町や東北地方太平洋沿岸部は、とても深刻で大きな被害を受けた。

 今回の熊本・大分地震は直下型、縦揺れの地震で5年前の津波の被害とは違う、多くの被害をもたらした。僕らが行った熊本県益城町は、特に大きな被害を受けた場所だった。

 僕はトシさんと一緒に飛行機に乗り、熊本入りした。熊本空港からそのまま益城中央小学校に向かう。小学校に着くまでの道のり、そこには地震がもたらした多くの「被害」そのものがあった。

【次ページ】 「本当に今、ラグビーが必要なのか?」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
畠山健介
田中史朗
廣瀬俊朗

ページトップ