オリンピックへの道BACK NUMBER

ケンブリッジ飛鳥か山縣か桐生か……。
日本選手権の続きで9秒台を夢見る。

posted2016/06/27 17:30

 
ケンブリッジ飛鳥か山縣か桐生か……。日本選手権の続きで9秒台を夢見る。<Number Web> photograph by Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT

ゴールを切る寸前……グイッと上半身を押し出し見事優勝したケンブリッジ。100m走のライバル争いはますます熾烈に。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT

 それぞれの表情が、かけていた思いを示していた。

 6月25日、愛知県・瑞穂スタジアム。第100回の記念大会であり、リオデジャネイロ五輪代表選考会でもあった日本選手権男子100m決勝。出場する面々は、今シーズン、好調が伝えられ、9秒台への期待も高まっていた。

 誰が勝つのか、未知の領域へと踏み込むのか――。

 決勝のスタート時間が近づくにつれ、最寄りの地下鉄の駅からの歩道には、スタジアムへ向かう人々があふれた。

 午後8時30分に始まったやり投げの表彰式が終わると、いよいよ、スタートのときが近づく。

 小雨だった雨は、勢いを増す。トラックの水に、ライトが白く反射する。向かい風0.3m。

 スタート。飛び出したのは山縣亮太だった。

 山縣は快調に飛ばす。桐生祥秀と差が開いていく。と、山縣と桐生の間からするすると伸びると、桐生をかわし、山縣に迫る選手が……ケンブリッジ飛鳥だった。

 山縣とケンブリッジの差が縮まる。

 ゴール。

 山縣は、祈るかのように手を組み合わせ、掲示板へ目を向ける。ケンブリッジも見守る。

 わずかな間のあと、掲示板に表示された名前を見て、喜びを爆発させたのは、ケンブリッジだった。10秒16。2位は山縣、10秒17。その差は0.01秒。桐生は10秒31にとどまり、3位に終わった。

レース後、桐生が号泣した。

 レース後は三者三様だった。

「イメージしていた通りのレースができました」

 と、ケンブリッジ。山縣と桐生に先行されるのは予想していたという。

「最後に間を抜ければいいと思っていました」

 終始、突き抜けるような笑顔だった。

 敗れた山縣は、振り返った。

「勝ったかなと思ったけれど、抜かれていました」

 淡々と、落ち着いた口調ではあった。それはいつも通りではあったが、時折、うつむき加減な様子、目の厳しさに、悔しさがあふれているようだった。

 3位ながら、唯一、派遣設定記録の10秒01を日本選手権の前にクリアし、規定により五輪代表に内定した桐生は、涙を流した。

「何も言えないというか……。こんな形で決める予定じゃなかったですし、一番嫌な決まり方というか、インタビューも笑顔で受けるつもりだったんですけど、あまりにも情けないです」

 涙が止まらなかった。

【次ページ】 実は……レース中にアクシデントがあった桐生。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
桐生祥秀
山縣亮太
ケンブリッジ飛鳥
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

ページトップ