欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

EURO優勝候補のはずだったベルギー。
アイルランドに快勝も依然迷走中……。

posted2016/06/21 07:00

 
EURO優勝候補のはずだったベルギー。アイルランドに快勝も依然迷走中……。<Number Web> photograph by Jean Catuffe/Getty Images

この日のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたベルギーのアクセル・ビツェル。2点目をヘディングで決めた他、MFとしてたびたび攻撃の起点として活躍した。

text by

栗原正夫

栗原正夫Masao Kurihara

PROFILE

photograph by

Jean Catuffe/Getty Images

 前半からボール支配率で圧倒したのはベルギー。守勢に回ったアイルランドにチャンスらしいチャンスは1度もなかった。それでも、0-0で迎えたハーフタイムをよりポジティブな気持ちで迎えていたのはアイルランドの方だった。

 いずれも勝ち点3が欲しい両チーム。だが、それぞれの目標や期待値は大きく異なる。FIFAランク2位にして優勝候補の一角にも挙げられるベルギーに対し、アイルランドはグループリーグを突破できれば万々歳というチャレンジャー的立場。加えて、初戦のイタリア戦に敗れいきなり躓いたベルギーとは逆に、アイルランドはスウェーデンとの初戦で勝ち点1を手にする上々のスタートを切っていた。

 後半もそのまま進むようなら、ベルギーに焦りが出てもおかしくない展開に見えた。

カギとなった後半の先制点。

 勝負を分けたのは、疑いなく先制点である。

 後半の立ち上がりにアイルランドが“色気”を出した、その直後だった。48分、セットプレー崩れから敵陣ペナルティエリア内でFWロングがファウルを受けたかに思われたが、そのプレーが流される。すると、そこからベルギーが一気に逆襲を仕掛け、右サイドをMFデブライネが突破すると最後は中央のFWルカクが左足で豪快に決めた。

 アイルランドが前がかりになったことで前半にはなかったスペースがベルギーに生まれると、それをデブライネとルカクがいとも簡単に生かしたわけだが、この1点の意味合いは大きかった。

 試合後のアイルランドのマーティン・オニール監督のコメントが、すべてを表している。

「1失点目がカギだった。元々は私たちの攻撃でのFKの場面だったのに、そこからのカウンターだった。ベルギーは大会屈指のタレント力を誇るチームだという事実は認めている。それでも失点を私たちの観点から振り返れば、褒められたものではなかった。追いかける展開になってからは、コンパクトさを保てなくなり、ベルギーの選手にテクニックを見せつけられた。今日の一戦は、つまりそういうことだ」

【次ページ】 前に出てきたアイルランドに対し持ち味を発揮。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ロメル・ルカク
ケビン・デブライネ
クリスティアン・ベンテケ
マルク・ビルモッツ
エデン・アザール
アクセル・ビツェル
マーティン・オニール
ジョン・オシェイ
ロビー・キーン
シェーン・ロング

ページトップ