Number ExBACK NUMBER

川口能活がEURO2016を考察!
「最も自分に似ているGK」とは。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byIttetsu Matsuoka

posted2016/06/20 07:00

川口能活がEURO2016を考察!「最も自分に似ているGK」とは。<Number Web> photograph by Ittetsu Matsuoka

4度のW杯を経験した守護神・川口能活。オシム監督および岡田監督時代の日本代表ではキャプテンも務めた。

GKのプレーは経験者じゃないと分からない部分も多い。

「やっぱりGKのプレーって、やったことがある人じゃないと、わからない部分も多いと思うんです。サッカーの試合をテレビで観戦する場合、普通はどうしてもボールに視線が集中してしまうでしょうから。でも、例えばこういうインタビューを通して、読者の方が少しでもGKに興味を持ってくれたり、GKのプレーをより深く理解してもらえるようになれば、僕自身も嬉しいですよね」

『Number PLUS EURO2016 24カ国選手名鑑』に掲載された写真を見ながら、各国代表GKの技術の奥深さと、川口ならではのマニアックなGK観戦術をわかりやすい言葉に変換して語ってくれる。インタビューも中盤に差し掛かったとき、ある選手の写真の上で、川口の人差し指が止まった。

構えのタイプが似ている選手。

「今大会に出場するGKの中で、僕に一番タイプが似ていると言えば“この選手”ですね」

 どんなところが似ているのか。

「構えですね。GKの構え方って、選手によって人それぞれなんです。例えばドイツのノイアーは、どちらかと言うと“だらーん”と構えた状態から素早く動く。逆に“この選手”は、腰を低く落とした姿勢から、前後にも左右にも動けるようにする」

 確かに写真の構えは、さっきまで練習場で観ていた川口の構えとそっくりだ。

「彼はGKに必要なフィットネスを完璧に備えています。具体的には俊敏性やジャンプ力、ダッシュ力、セービングのキレなど。フィットネスに関しては今大会ナンバーワンでしょうね。実はリヨン時代のプレーを観たときに『似てるな』と思って、彼について調べたことがあるんです。彼は少年時代にテニスをやっていたそうですね。動きの速さやステップワーク、体のキレはテニスの経験が影響しているということを知って、妙に納得しました」

 川口が絶賛したとおり、EURO初戦でも「彼」はキレのあるセービングで決定的ピンチを何度も防ぎ、勝ち点3獲得に大きく貢献した。

果たしてEURO2016出場GKで、川口が「最も自分にタイプが似ている」と思う選手は誰か。正解は、Number904号のインタビュー「優れたGKは、『顔』でわかる」でご確認ください。
EURO 2016 FRANCE日本代表が語る優勝国予想。

Sports Graphic Number 904

EURO 2016 FRANCE
日本代表が語る優勝国予想。

【開幕戦レポート】 ハリルホジッチが観たフランス「デシャンは勇気ある決断をした」
【ドイツ指揮官インタビュー】 ヨアヒム・レーブ「王者のプラン」
【日本代表FWが語る】 宇佐美貴史「EUROで一番うまいヤツ」
【マニアック対談】 吉田麻也×戸田和幸「プレミアリーグからEUROが見える」
【サッカー覚書 特別編】 中村俊輔「イニエスタは最高の教材」

定価:(本体574円+税)目次ページへ

関連コラム

<< BACK 1 2 NEXT >>
2/2ページ
関連キーワード
川口能活
EURO2016

ページトップ