Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<EURO2016展望> 優勝経験なし。それでもベルギーに期待してしまう理由。

posted2016/06/02 11:00

 
<EURO2016展望> 優勝経験なし。それでもベルギーに期待してしまう理由。<Number Web> photograph by Getty Images

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by

Getty Images

6月10日、欧州最強国を決めるEURO2016が開幕する。「ワールドカップよりレベルが高い」と言われるこの大会で、才能ひしめく「夢のチーム」が王者となるための条件とは。

 夢を見たければ、ワールドカップよりもEURO――である。

 大会のレベルはワールドカップより上。よく耳にするEUROの決まり文句だが、レベルはともかく、大会を制するハードルなら、ワールドカップよりも低い。

 ワールドカップの歴代優勝国は、わずか8カ国。ヨーロッパに限ればイタリア、ドイツ、イングランド、フランス、スペインの5カ国に過ぎない。

 これがEUROになると、第1回大会を制したソ連(当時)を含め、優勝国は多士済々の顔ぶれ。ワールドカップとは縁がないオランダも1988年のEUROで悲願のメジャータイトルを手にしている。

※赤字はW杯優勝未経験でEURO優勝を果たした国

 東欧勢はソ連のほかに1976年大会のチェコスロバキア、北欧勢では1992年大会のデンマーク、南欧勢では2004年大会のギリシャが、それぞれ王者となっている。アウトサイダーの栄冠は、ワールドカップでは考えられないことだ。

 サッカー史を彩る魅力的なチームの優勝もEUROならでは。あの『皇帝』ベッケンバウアーと天才ネッツァーが最後方から交互に前線へ繰り出し、華麗にタクトをふるった1972年大会の西ドイツは、同国史上の最高傑作とも言われている。

 ネッツァーの跡目を継いだブロンドの司令塔シュスターが西ドイツに栄冠をもたらしたのも、1980年のEUROだった。それに比べると、ワールドカップを制するときのドイツには華がない。

 偉才を擁する『夢のチーム』と言えば、1984年大会のフランスと、1988年大会のオランダだ。フランスには『将軍』プラティニが、オランダには『黒いチューリップ』ことフリットがいた。

 いずれも、EURO前年のバロンドール受賞者。プラティニはジレス、ティガナ、フェルナンデスらと、フリットはファンバステン、ライカールト、R・クーマンという傑出した仲間たちと魅惑のフットボールを展開し、観衆の喝采を浴びた。

【次ページ】 この夏のEUROには「黄金世代」ベルギーが存在する。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
エデン・アザール
ケビン・デブライネ
ドリース・メルテンス
マルアヌ・フェライニ
アクセル・ビツェル
ラジャ・ナインゴラン
ティボウ・クルトワ
ヤン・ベルトンゲン
トビー・アルデルバイレルト
マルク・ウィルモッツ
ロメル・ルカク
ディボク・オリジ

ページトップ