テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭から消えた脆さと淡白さ。
「負けにくい選手」の戦術選択力。

posted2016/05/28 10:50

 
錦織圭から消えた脆さと淡白さ。「負けにくい選手」の戦術選択力。<Number Web> photograph by AFLO

俯瞰で見ているとわかりづらいが、テニスにおいてバウンドの高さが選手に与える影響は極めて大きい。

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

AFLO

 試合運びとしては失敗、と見るべきだろう。世界ランキング52位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)との3回戦。錦織は最初の2セットを連取したが追いつかれ、ファイナルセットでなんとか振り切った。

 5セットの総獲得ポイントは錦織が151、ベルダスコが154。数字だけを見れば、負けていてもおかしくない試合だった。

 苦戦の要因の第一は、相手の好調さだろう。クレーコートの前哨戦、4月のブカレストを制している。今大会の1回戦では、シード選手にストレート勝ち。そもそも自己最高7位、錦織にとっては過去1勝2敗(途中棄権の1敗を含む)の難敵なのだ。

 その実力者が、立ち上がりから全力で攻めてきた。しかし錦織もあわてず堅実に返球し、甘いボールにはカウンターを見舞った。錦織が主導権を握り、第1セットを奪った。

互いのフォアを警戒した神経の削り合い。

 第2セットはベルダスコが少しペースダウン、高い弾道のボールを交ぜるようになった。このチェンジ・オブ・ペースが絶妙だった。

 中でも、錦織のバックハンドを狙う、弾道の高いトップスピンとスピンサーブがやっかいだった。

 錦織はバックハンドは得意だが、顔より高い打点で捕らされると、さすがに自在なコントロールは難しい。無難にクロスに返球すれば、左利きのベルダスコはフォアハンドで待ち構えている。すかさずダウン・ザ・ラインを深くえぐるか、クロスに叩いてくる。

 錦織がなんとか相手のバックハンドをついて、自分のフォアハンドとの打ち合いに持っていっても、ベルダスコはドロップショットを多用し、攪乱してきた。

 錦織は我慢のプレーを強いられた。互いにフォアハンドでラリーを支配したいのは同じ。なんとかそれをさせまいと、互いに相手のバックハンドをつく。神経を削り合うようなラリーが続いた。

 この時点ですでにベルダスコがペースを握っていたと見ることもできる。それでも錦織は、終盤のブレークでなんとかセットを奪った。

【次ページ】 百戦錬磨ならではの、鮮やかな変わり身。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
錦織圭

ページトップ