イチローも懸念する、MLBの「投げずに敬遠」。賛成? 反対?

集計グラフを閉じる

 MLBでまた大きなルール変更がありそうです。  敬遠(故意四球)を行う際に、球審にその旨を伝えれば投手は投げなくても良い、という・・・続きを表示

●賛成
●反対

1-10件を表示 / 全19

すべて| 賛成| 反対|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • そもそも野球は「間」を楽しむスポーツでもあるのだから、4球投げる「間」を楽しもうと思えば楽しめるんですけどね。

    敬遠するということは、試合の中で重要な場面なわけで、その「間」に打者が何を感じどう気を高めているのか、応援席が投手に対してブーイングすることでどれだけ投手がプレッシャーを感じているのか、緊迫の展開の中でいわば安全牌の敬遠をすることで、投手の次の投球がどうなるのか…

    野球の楽しみ方をわざわざ減らして、その代わりに得るものが「(多くて数分程度の)時間短縮」と「(大して負担のなさそうな)数球の投球数の削減」じゃあ、野球がつまらなくなりますよ。

    61さん2016/05/30 20:10に投稿

    5
    そう思う!
  • 目的が「試合時間短縮」と「投手の負担軽減」のために「投げずに敬遠」は無意味でしょう。敬遠なんて、数試合に1回あるか位ですし、その投げる球も150km近くで放るわけではないでしょうからさほど関係ないでしょう。

    試合時間短縮は基本的に「投球の間」だけです。つまり、ボールが捕手のミットに収まってから、いかに素早く投げるかです。1試合で両チームで約250~300球位投じられます。この投球の間がよく言われる「15秒以内(ランナーあるなしに関わらず)」にできれば、1時間15分で終わります。プレーの時間は基本的には短くできませんから、ここに制限を設けるべきです。投手が投げ急ぎや無駄なルーティンをして、1球あたりに時間をかけるほど、試合時間は伸びてしまいます。

    敬遠位では何にもなりませんので、反対です。

    帝王00さん2016/05/26 13:17に投稿

    4
    そう思う!
  • 甲子園で松井秀喜に5打席連続敬遠を指示した明徳義塾の馬淵史郎監督が試合後に語った「野球では盗塁とか刺殺というように、盗むとか殺すといった不謹慎な言葉が使われている。その中で綺麗な言葉といったら敬遠ぐらいのものですよ。人を敬うからこそ敬遠なわけです」という言葉を今も鮮明に覚えている。今も賛否を二分するが、ベースボール、野球とも共通しているのは、投手がボールを投じなければプレイは永遠に始まらないということ。だからこそ失投や様々な駆け引きが生まれるのであって、過去にクロマティ、新庄が敬遠球を打ちサヨナラヒットに。そして古くは新庄の師匠・柏原純一が敬遠球を打ち本塁打にしたこともあった。このルール変更は投手の負担軽減が理由のようだが、少し違和感を覚える。それと同時にアメリカも日本も敬遠をどこかネガティブな(観客のブーイングなど)考えで捉えているように感じるのが少し残念である。

    スターマンさん2016/05/26 17:11に投稿

    3
    そう思う!
  • 投げなければ、投手のリスクゼロで、面白くない。投げれば、暴投や新庄みたいな素敵なヒットwwwが出る可能性があるから。

    紀伊国屋文左衛門さん2016/05/25 21:46に投稿

    2
    そう思う!
  • テレビならともかく、球場の外野席から見てると何が起こったのかわかりにくい。
    特に打撃妨害が起こって打者が出塁した時に「あれ?バッター歩いてるけど敬遠したの?」って混乱する人は絶対出ると思う。

    hisarukiさん2016/05/26 09:22に投稿

    2
    そう思う!
  • ピッチャー保護のようでその実、ピッチャーのためにならない。
    もしもどうしても採用するというならバッターはバッターボックスに立たずに一塁に直行としてしまうほうがせめてマシ。だが選択した結果の敬遠はまだしも、その行為以前に決定して回避するようであれば野球の面白さをスポイルするであろう。そもそも敬遠中にホームスチールを試みる事も出来なくなってしまう。攻撃側に得するように見えて実際は攻撃側に損なルールになりかねない。

    Strike Eagleさん2016/05/27 02:02に投稿

    2
    そう思う!
  • 無駄を省いた方が集中して試合を見れる。真剣勝負は見たいがただのキャッチボールを見たいとは思わない。

    ゆーいちろーさん2016/05/25 18:05に投稿

    1
    そう思う!
  • 単純に時間短縮にはなるんだろうけどドラマが生まれない。
    メジャーでは敬遠のボールを打たないし投手の肩は消耗品という考え方が強いから出てきたルールなんだろうけど、日本ではボール球を打ってサヨナラ勝ちしたりドラマが生まれたこともあるし、投手の指がランナーがいたらスベッたりしてパスボールになる可能性だってある。
    だから日本で敬遠のルールを導入するのは反対だけど、導入するとしてもランナーがいない時だけ適用するとか完全にメジャーに倣うのでなく日本独自のルールを加えるべきだと思う。

    ogaさん2016/05/27 11:19に投稿

    1
    そう思う!
  • 反対です。
    イチロー選手の言う通りです。
    こんなことを許してしまうと、ホームランの時は走らなくてもいいとか
    そんなことにもなりかねません。
    球数を重視するメジャーらしい変なルールです。

    Seijiさん2016/05/27 19:13に投稿

    1
    そう思う!
  • 以前みたプロ野球中継で、投手出身の解説者が敬遠の場面で「敬遠でもきっちり投げないとあとの投球に悪影響がでる」と懸念の言葉を口にした。案の定、次打者は四球で押し出しになった。
    投げなくてもいいというのは敬遠を軽く見た考え方だが、人間がやることなんだから暴投になるかもしてないし上記のようなことも起こるかもしれない。そういう野球の楽しみをたった数分の時間短縮のために奪ってほしくない。

    ハンいんきょオヤジさん2016/05/30 22:23に投稿

    1
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ