畠山健介のHatake's roomBACK NUMBER

畠山健介が痛感した「人気」の困難。
日本からの応援ツアーが中止に……。

posted2016/04/28 07:00

 
畠山健介が痛感した「人気」の困難。日本からの応援ツアーが中止に……。<Number Web> photograph by Akio Hayakawa

Aチームのメンバーたち。世界トップクラスの選手たちがプレミアでの出場機会をうかがう厳しい舞台だ。

text by

畠山健介

畠山健介Kensuke Hatakeyama

PROFILE

photograph by

Akio Hayakawa

 3月最終週、僕が所属するファルコンズはホームでロンドン・ワスプスとの試合を控えていた。

 週始まりのミーティング前、スクラムコーチのミッキー(・ワード)に呼ばれた。

 ミッキーはいつも穏やかな表情をしている。FWだけのミーティングの終わりにはゲーム(早食い競争とか)をしたり、とても優しいコーチだ。日本人の僕にもよく接してくれた。彼の英語が訛っているのかは定かではないが、僕にとっては聞きやすかった。

 穏やかで優しく、聞き取りやすい英語を話すミッキーが、この日は少し真面目な表情で、少し早口気味に僕に話しかけた。

 週末のワスプス戦翌日の月曜日、グロスターでAリーグの試合がある。それに出るという話だと理解した。全体ミーティングで月曜日のAリーグ、グロスター戦のメンバー発表がされ、スターティングメンバーとしてプレーすることを確認した。

 ミッキーはこの試合でチャンスを活かし、プレミアシップメンバーに戻って来いよと言ってくれた。

 こちらに来て初めての「3番」は、Aリーグの試合となった。

予定されていた日本からの応援ツアーは中止に。

 日本には「トップリーグ」とは別に「サテライトリーグ」が存在する。公式戦ではなく、トップリーグでチャンスがなかったり、プレー時間が短い選手や若手などがプレーし、トップリーグのゲームメンバーになるためにアピールする場だ。

 Aリーグは、日本のサテライトリーグのようなものだ。

 そしてワスプス戦はノンメンバーだった。ワスプスにはサントリーで一緒にプレーした元オーストラリア代表ジョージ(・スミス)がいるので、戦いたかったが残念だ。

 サントリー・サンゴリアスのスポンサーである京王観光さんが、僕の応援ツアーを企画してくれていた。それがワスプス戦だった。

 せっかく日本から来てくれるのにノンメンバーなんて、ファンの方に申し訳ない――と思っている矢先、エージェントとサントリーのスタッフから、応援ツアーは中止になったと告げられた。参加者が最低催行人数に達しなかったのだという。

 普通ならショックを受けることだが、ノンメンバーだったので、ツアーが行われていればファンの方々にとっては“無駄足”になるので、少し安堵する気持ちが芽生えたのも事実だ。

【次ページ】 これがもし、ゴロウの応援ツアーだったら……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
畠山健介

ページトップ