スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

サンウルブズ、初勝利は最高の良薬。
発案者エディーの志を今こそ考える。

posted2016/04/26 15:15

 
サンウルブズ、初勝利は最高の良薬。発案者エディーの志を今こそ考える。<Number Web> photograph by Atsushi Kondo

スタンドは満員とは言えなかったが、熱狂的な応援でフィールド上の“オオカミ”たちを後押しした。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Atsushi Kondo

 入場者数は1万4千人ちょっと。

 気候は良くなっているのに、サンウルブズのこれまでのホームゲームと比べるとバックスタンドには空席が目立った。

 仕方ない。前の週にはチーターズ相手に、92点も献上してしまったのだから……。

 しかし、長征のジャガーズを迎えた試合は、後半になってスクラムを組むたびに、スタンドのファンが「オオオオオオ」というオオカミの遠吠えを真似するようになった(この遠吠えは定着したと見てよい)。

 最終スコアは36対28。

 マーク・ハメットHCは「思わず涙が出た」と語り、堀江翔太主将のこれまでの苦労も報われた。

2017年のサンウルブズは、どうなっているのか?

 関係者に明るい表情が広がるなか、ようやく未来に向けての話題が出てくるようになった。1勝をあげたことで、みんなが前を向けるようになったのだ。勝利は何にも優る良薬だ。

 週末、ホットな話題に昇格したのは、「2017サンウルブズ」のことだ。

 とにかく船出を優先させたサンウルブズだけに、様々な課題が浮き彫りになっている。

 4月、1週間ほど来日した前日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ氏は(サンウルブズを作ろうとアイデアを出したのは彼でもある)、

「本来、私が考えていたのは8割を日本代表の選手で固め、それにプラスして20歳前後の選手を3、4人ミックスさせるというプランです。若手に経験を積ませ、未来に向けて準備していく。現状はそうなってはいませんよね」

と私に話していた。

 たしかにいまのサンウルブズには、育成の余裕はないだろう。

【次ページ】 では、エディー・ジョーンズの意見をどう具体化する?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
マーク・ハメット
エディー・ジョーンズ
ジェイミー・ジョセフ
リーチ マイケル
ツイ・ヘンドリック
五郎丸歩
松島幸太朗
サンウルブズ
チーターズ
ジャガーズ

ページトップ