球道雑記BACK NUMBER

春のフォーム改造がようやく実に?
西勇輝、開幕3連敗からの復活劇。

posted2016/04/25 12:00

 
春のフォーム改造がようやく実に?西勇輝、開幕3連敗からの復活劇。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

昨季は侍ジャパンでも活躍し、2年連続2桁勝利の記録を残している西なのだが……。

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 4月24日の朝、その日の予告先発となっていたオリックス・西勇輝の数字関係を確認しようとパ・リーグ投手成績に目をやると、そこに彼の名前はなかった。

 昨年、クオリティスタート率83.3%、防御率2.38で、最優秀防御率のタイトルを北海道日本ハム・大谷翔平と争った“あの”西勇輝が、である。

 開幕してまもないこの時期の規定投球回数なんて、到達しては消え、また到達しては消える、そういうものであることは百も承知の上だが、これにはちょっと驚いた。

 確かに2016年の西は、スタートが良くなかった。良くないどころか、彼に対する期待値から考えれば最低で、最悪に近い始まりだったと言えるかもしれない。

生命線のスライダーが決まらない日々。

 今年最初の登板となった3月29日の北海道日本ハム戦は、5回を投げて11安打8失点。初回から走者を溜め、あっさり相手打線に2点を献上した西は、真っ直ぐがシュート回転し、変化球が高めに甘く入るなど精彩を欠いた。

 ホームグラウンドの京セラドーム大阪に戻った4月5日の東北楽天戦でも状況は好転せずに3回0/3と4回表にワンアウトも獲れずに7安打6失点。さらに5日後の福岡ソフトバンク戦は、自ら志願して中4日で先発のマウンドに立ったが、5回1/3で6失点。勝ち星どころか序盤で大量失点し、ゲームさえ作れない日々が続いた。

 開幕からここまでコンビを組み続けているキャッチャーの山崎勝己はこう振り返る。

「昨年あれだけの成績を残したピッチャーですし、直球、カーブ、シュート、スライダー、チェンジアップと、どの球種でもレベルの高い球を投げられる投手だと思っています。ただ、僕のなかでは“スライダー投手”と思えるくらいスライダーを多く投げている印象が強い。それが最初の試合(北海道日本ハム戦)で、そのスライダーをいきなりやられてしまったので、そこから崩れてしまった」

 西の生命線であるスライダーは4月10日の福岡ソフトバンク戦以降、徐々に低めに決まり出し、復調に向けて変化が見えだしている。それでもまだ西の本来の姿には物足りない、山崎はそう言いたげに見えた。

【次ページ】 昨年も5月以降、徐々に調子を上げていった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
西勇輝
オリックス・バファローズ
山崎勝己

ページトップ