F1ピットストップBACK NUMBER

欠場のアロンソが献身的なサポート。
F1デビュードライバー入賞の裏側。

posted2016/04/10 10:40

 
欠場のアロンソが献身的なサポート。F1デビュードライバー入賞の裏側。<Number Web> photograph by Getty Images

現在24歳のバンドールン。F1デビュー戦ではチームに今シーズン初のポイントをもたらした。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Getty Images

 チームメートのバトンの16メートル前方の12番グリッドの前で、レースのスタートを待つレーシングドライバーがいた。しかし、そのドライバーが乗るべき、レースカーはそこにはない。

 なぜなら、その男はリザーブドライバーに自分のマシンを譲り、目の前に停まったF1マシンには、自らのカーナンバーである「14」ではなく、「47」が貼られていたからである。

 その男とは、アロンソだ。

 オーストラリアGPのクラッシュにより、ドクターストップがかかり、バーレーンGPへの欠場を余儀なくされていた。しかし、アロンソは欠場が決まった木曜日以降も、バーレーンにとどまった。

 それは、金曜日に到着するロン・デニスを待って、再度FIAに出場できるよう交渉を行うためではない。自分が乗るべきマシンを駆って、グランプリにデビューするストフェル・バンドールンをサポートするためである。

F1デビューのリザーブドライバー、バンドールン。

 バンドールンはホンダがマクラーレンと初めて実走テストを行った2014年末のアブダビ・テストでステアリングを握ったドライバーであり、その後もテスト走行をたびたび担当してきたドライバーで、リザーブドライバーながら、F1マシンの操作には長けていた。さらに、昨年はF1直下のカテゴリーであるGP2シリーズで7勝を挙げ、チャンピオンを獲得。レース巧者のバンドールンなら、いますぐF1にデビューしても戦っていけるだけの実力は備わっていた。

 しかも、今年、参戦するスーパーフォーミュラのテストを行っていた日本の岡山からバーレーンGPに帰ってくるまでにバンドールンには、マクラーレンのエンジニアからさまざまな資料がメールで届けられ、F1デビューにあたって、マクラーレンも可能な限りのサポートを行っていた。

【次ページ】 アロンソの献身的なサポート。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
フェルナンド・アロンソ
ストフェル・バンドールン
マクラーレン・ホンダ

ページトップ