JリーグPRESSBACK NUMBER

今野のいない中盤、宇佐美の不調。
G大阪に忍び寄る「悪夢の再来」。

posted2016/04/07 18:00

 
今野のいない中盤、宇佐美の不調。G大阪に忍び寄る「悪夢の再来」。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

遠藤と中盤でコンビを組む井手口陽介も、持ち味は攻撃にある選手。中盤のフィルターになれる選手が1人は必要なのでは?

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 力の差を見せつけられた試合だった。

 ACL第4節、ガンバ大阪は上海上港に0-2で敗れ、2敗2分でG組最下位に転落。2試合を残して自力でのグループリーグ突破が消滅と、非常に厳しい状況になった。

 ACLと同様に、リーグ戦でも5試合を消化して12位と出遅れ、ステージ優勝が早くも厳しくなりつつある。アデミウソン、藤本淳吾らの新加入によって攻撃陣の層が厚くなり、ACL制覇、そしてリーグ戦の優勝を目指したガンバだが、今ひとつノリ切れていないのだ。

 ACLの上海上港戦は、今季のガンバにとって非常に重要な試合だった。昨年のACLは3試合を終えた時点で2敗1分だったが、4戦目のブリーラム戦に勝って息を吹き返し、そこから3連勝してグループリーグを突破した。今回も1敗2分で勝利がなく、絶対に勝たないといけない試合だった。

 そしてACLでは、厳しい局地戦で負けないことが重要になる。リーグ戦でも守備の甘さで勝ち点を失っていたが、局面で勝ってACL初勝利を挙げられれば、今後のリーグ戦にも繋がると思っていたのだ。

 だが、結果は惨憺たるものだった。

今野がCBに入ったことで、中盤の守備が手薄に。

 上海の迫力にDFラインを押し下げられ、局面でも相手の強さ、激しさに競り負けた。それでもコンカのFKをギリギリで止めるなどGK東口順昭の好セーブで持ちこたえていたが、後半21分にサイドから失点し、その後は劣勢を覆せず後半27分にミドルでトドメを刺された。シュート数も25対8と上海上港に圧倒され、完敗だった。

 不振の主因としては点が取れない攻撃陣に目が向いてしまいがちだが、一番の問題は守備にある。2013年、長谷川監督が就任して最初にテコ入れしたのが守備だった。

 前線からサボらずにプレスをかけ、ブロックを敷いてしっかり守ることをベースにした守備の要になっていたのが、ボランチの今野泰幸だった。だが今シーズン、丹羽大輝と岩下敬輔のセンターバック2人がケガで離脱し、今野はDFラインに入った。だが結果として、中盤での守備の安定感が失われたのだ。

【次ページ】 遠藤、井手口コンビでは守備力に不安がある。

1 2 3 NEXT
ガンバ大阪
宇佐美貴史
アデミウソン
パトリック
今野泰幸
井手口陽介
遠藤保仁
上海上港

ページトップ