今季のフィギュア、忘れられないあの選手のあのシーン。〈日本男子編〉

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 世界選手権も幕を閉じ、フィギュアスケートの2015-2016年シーズンは日程をほぼ終了しました。  今季も印象的な演技、感動的な・・・続きを表示

●宇野昌磨
●小塚崇彦
●田中刑事
●羽生結弦
●無良崇人
●村上大介
●山本草太
●その他

※選択肢は五十音順

1-20件を表示 / 全46

すべて| 宇野昌磨| 小塚崇彦| 田中刑事| 羽生結弦| 無良崇人| 村上大介| 山本草太| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 何と言っても、数字からも、演技からも、素人目でも分かる、驚異的異次元の世界を見せてくれた、羽生結弦ではないでしょうか。
    オータムクラシック、スケートカナダからの悔しさをバネにした恐ろしい程の進化に、震える程の感動と勇気をもらいました。
    絞り込むのは難しいですが、印象に残るシーンを敢えてあげると、バラード一番のタラソワさん曰く「音楽の腕」のスピンのところは美しさに翻弄されてしまいます。
    SEMEIでは、ジャンプは勿論、ふたつのシークェンスは背筋がゾクゾクする程圧倒される空気、滑りだと思います。
    超高難度ジャンプを、いとも簡単にステップの一部の様に降りてしまう所も恐ろしいです。
    又、フィニッシュの表情は、どの演技も酸いも甘いも、それぞれの想いが溢れ大変に印象に残っています。
    この世界の宝を陰ながら応援したいと思います。

    nonbeeさん2016/04/08 10:48に投稿

    15
    そう思う!
  • 興奮と感動で何十回も繰り返し見たNHK杯。
    人間こんな事が出来るんだと驚愕した2戦連続パーフェクトなGPF。
    高難度であり優美。
    失敗、挑戦、成功、成長と今季の試合全てが心に深く刻まれるものでした。

    のんたろうさん2016/04/08 10:48に投稿

    14
    そう思う!
  • 世界最高得点を更新し、泣いた姿が印象的でした。

    mariaさん2016/04/08 10:12に投稿

    13
    そう思う!
  • 本当にお疲れさまでした。そして、ありがとう。これからも世界の舞台で羽ばたくあなたを応援していきます。

    Frances.Kさん2016/04/08 10:13に投稿

    13
    そう思う!
  • 羽生選手が世界最高得点を出したGPFです。ただただ驚きと感動で。フィギュアスケートのまったく新しい世界がぱぁ~~と開けたような。歴史を塗り替える瞬間に立ち会えたような衝撃を受けました。人はこんなにも進化することができるのかと。たぶん彼のような実力と才能とガッツを兼ね備えた選手はこれまでもこれからも現れないのでは、と思うくらいすごい選手さんだと思います。

    mayuriさん2016/04/08 10:20に投稿

    13
    そう思う!
  • NHK杯のフリー。次々決まっていく美しいジャンプ、最後のルッツでの歓声、会場が一体となったコレオシークエンス、終わった後の喜びの爆発とスタオベ。あの場に立ち会えたことは一生忘れません。

    sakoさん2016/04/08 10:16に投稿

    12
    そう思う!
  • もちろん、羽生結弦選手の世界最高得点を出したNHK杯とGPFの演技でしょう。本当に感動しました!
    男子フィギュアの新しい世界を開いてくれましたね。
    今は一日も早く怪我が癒え、強い羽生選手が戻って来ることを願っています。

    melmelさん2016/04/08 10:57に投稿

    11
    そう思う!
  • 何と言っても世界最高得点を叩きだしたNHK杯とグランプリファイナルの演技後の表情が忘れられません。
    記録更新や王座奪還などのキーワードにとらわれプレッシャーで押しつぶされそうな彼にもう少し楽になってほしいと思いながらも、ずっとずっと暖かく応援していきたいです。

    forzabarcaさん2016/04/08 10:23に投稿

    10
    そう思う!
  • 王者奪還をかけた闘いで、SPでは最高の演技を魅せてくれた羽生選手。ですが、FSの演技では彼はもろくも崩れてしまった。
    明らかに精神面で、左右されてしまったという印象を受けました。
    ただ、その後の会見で見せた無理に笑顔作る彼に、もう一度是非、立て直してもらいハビエル選手を超えてほしいと強く思いました。
    この悔しいという気持ちで、観ている側もとても辛かった、
    ただ今後はもっと強く素敵な選手になれると思っています。
    やはり、勝っても負けても強烈なインパクトを残す彼に一票。

    ojaさん2016/04/08 10:28に投稿

    9
    そう思う!
  • たぶん皆さんがNHK杯とGPFでの素晴らしい演技をあげられると思うのですが、その中でもNHK杯のSPノーミス演技は嬉しかった。大好きなバラード1番のノーミス演技(それも構成をあげて4S、4-3あり)を見せてくれたことに感謝しています。彼のスケーティングの美しさ、スピンの美しさ、そしてジャンプの美しさ、「美しさ」の塊のようなプログラムでした。世界最高得点を2度も更新する素晴らしいシーズンだったと思います。羽生選手、お疲れさまでした。

    花鳥風月さん2016/04/08 13:57に投稿

    8
    そう思う!


  • 世界選手権のフリーのあとのキス&クライで、自分が思うような演技ができなかったことに対して、人の目を憚らずにポロポロ涙するその姿に、タニス・ベルビンさんが"I really wanted to give him a hug"とコメントしていましたが、世界中のスケートファンがみんな「泣かないで」と、ホロリとした瞬間でした。この1年間、宇野選手は今シーズンがデビューイヤー、世界選手権が7位で悔しく納得がいかな買ったとは思いますが、グランプリファイナルでは3位表彰台、全日本では2位と、素晴らしい戦績を挙げています。この選手はもっと強くなれるなぁと、切なくも頼もしく感じた瞬間でした。

    winter loveさん2016/04/08 10:40に投稿

    7
    そう思う!
  • NHK杯、GPF。フィギュアスケートにおけるミスのない演技、現行ルールでのGOE+3、演技構成点での10の評価というものを初めて知った気がした。ミスなく演じることで感じる「世界感」とはこういうことだったのか。

    ei4201さん2016/04/08 11:10に投稿

    7
    そう思う!
  • どんな状況でも真っ直ぐ勝負するアスリートとしての姿勢。
    本当に尊敬します。
    体だけは大事にして下さい。

    さくらさん2016/04/08 15:40に投稿

    7
    そう思う!
  • 現状に満足せず、常に努力をし高みを目指す羽生選手の真摯な姿勢に感動します。特に、世界選手権ショートプログラムのフィニッシュポーズの後の雄叫びは、いつも紳士的なイメージの彼に潜む闘争本能が表面化した一番印象的な場面でした。

    アルちゃんさん2016/04/08 21:27に投稿

    7
    そう思う!
  • 今季はなんと言っても男子フィギュアの歴史を動かした羽生選手です。
    特に、達成感に満ちた笑顔と嬉しさが見られたNHK杯〜悔しさを残した世界選手権までの期間と演技はとても印象的でした。
    NHK杯とグランプリファイナルでの、今まで見たこともないような素晴らしい演技と世界観は勿論好きですが、思うように滑れなかったであろう全日本や世界選手権のフリー演技にも、一生懸命今を掴み取ろうとする生き様に感動をもらいましたし、だからこそ最後の演技には愛着が湧きました。
    見ている方にも強く記憶に残るシーズンでした。羽生選手にありがとうと伝えたいです。

    ルリコーさん2016/04/08 22:36に投稿

    7
    そう思う!
  • GPFのフリー演技の得点後に見せた涙。
    それまで羽生選手が背負っていたものの重さ、そこからの解放を感じさせるものでした。
    その時の達成感は、先日の世界選手権では彼自身の新たな壁となったようにも思いますが、誰も見たことのない世界に挑み戦っていこうとする姿は、それが結果的に成功の日でも失敗の日でも、彼を見ている人達に何らかの力を与えてくれるように感じます。

    sasaさん2016/04/08 23:04に投稿

    7
    そう思う!
  • 羽生選手のNHK杯のFSが今季で一番印象に残る演技でした。私の中ではグランプリファイナルよりも印象深いです。

    るるさん2016/04/08 14:04に投稿

    6
    そう思う!
  • グランプリファイナルのショート!
    まさに芸術でした。

    りこぴんさん2016/04/08 17:33に投稿

    6
    そう思う!
  • 2016世界選手権のショートは圧巻でした!見ている側としても、最後のショパンか~と、寂しい気持ちもあるけど目に焼き付けておきたい期待がいりまじって、妙にハイテンションで見守りました。このプログラムは初めのポーズから物凄く美しく、魂を根こそぎ持っていかれてしまう力があります。滑らかなピアノの旋律とぴったり合った羽生選手の一挙手一投足に釘付けになってしまうのです。ジャンプ、スピン、ステップ、全てが音楽に溶け込み、まるで夢を見ているようにうっとりしてしまいます!美しすぎます!それだけでも感動の嵐なのに、パーフェクトな演技で涙がとまりません!そして、演技後の雄叫び!あぁー!なんと表現したらいいのでしょう?もうかっこよすぎて、ずっと見ていたくて、現実に戻りたくなくて、ぼーっとしてしまうのです。それくらい、心につきささる演技でした!

    はにゅはにゅさん2016/04/08 22:16に投稿

    6
    そう思う!
  • 今シーズンの羽生選手の活躍は、本当に素晴らしかったと思います。2位になってしまった世界選手権エキシビションでの「天と地のレクイエム」は感動で涙が止まりませんでした。それでも世界で初めて200点越えだったNHK杯の「SEIMEI」が一番印象に残っています。本当に異次元の圧巻の演技だったと思います。

    紫音さん2016/04/08 23:33に投稿

    6
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ