マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

選抜は個性派の二塁手が盛り上げた!
高松商、大阪桐蔭、智弁学園の凄い3人。

posted2016/04/05 10:30

 
選抜は個性派の二塁手が盛り上げた!高松商、大阪桐蔭、智弁学園の凄い3人。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

高松商の美濃晃成は、U-18アジア選手権の代表候補にも名前を連ねた。170cm以下のプロ野球選手ももちろんいるだけに、期待は大きい。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 この春のセンバツの少し前、あるラジオの番組で大会の展望についてお話をさせていただいた。

 事前の打ち合わせで「センバツ注目の野手は?」と問われ、ある二塁手の名前を真っ先に挙げた。

「二塁手……ですか?」と問い返されて、「二塁手じゃダメですか?」と確かめた。すると、

「ダメじゃないけど、地味ですね」

と笑って返された。

 高松商業高・二塁手・美濃晃成。

「ポジションは地味ですけど、プレーは派手ですよ。朝青龍みたいな野球やりますから」

「朝青龍が野球やるんですか……」

 見たことのない人にはわからない話をしてしまった、と思った。

 美濃晃成が“朝青龍”であることは、去年の秋の「明治神宮大会」を見てわかっていた。

派手な守備、キップのいい打席での姿勢。

 170センチ66キロ。

 サイズは小さいが、試合前のシートノックから、もうやりたい放題だ。

 二塁ベース寄りの打球をバックハンドでさばいたかと思えば、一塁ベース寄りの打球は半身の姿勢で捕球して、そのまま一塁側に体を流しながら、しなやかなサイドハンドから一塁へノンパワーのストライクスロー。

 ゴロ処理の“TPO”がわかっている。

 前に緩いゴロが転がれば、一か八かで突っ込むように見せていつの間にかバウンドを合わせ、そこからジャンピングスロー。

 これ見よがしのスタンドプレーじゃない。一塁手の目よりちょい上ぐらいの高さに、捕りやすいボールをフワッと投げる技術と気遣いがある。

 バットを持って打席に入れば背中をまっすぐに立て、上体を大きく反るようにして伸びをすると、そのまま悠然と構える。

 そのキップのよさが“朝青龍”だ。

【次ページ】 抑えのマウンドに上がれば140キロ、長打もある。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
大阪桐蔭高校
高松商業高校
智弁学園高校
センバツ
甲子園

ページトップ