球道雑記BACK NUMBER

涌井秀章×大谷翔平、対決の構図。
最多勝投手同士の勝負を徹底検証!

posted2016/03/30 17:00

 
涌井秀章×大谷翔平、対決の構図。最多勝投手同士の勝負を徹底検証!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

涌井が開幕投手として投げるのはこれで7回目。現役投手として開幕戦5勝という最多記録を刻んだ。

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 クライマックスはいきなり初回に訪れた。

 2016年シーズン開幕直後とは思えない力と力の勝負。

 千葉ロッテ・涌井秀章が投げた全力のストレートに、北海道日本ハム・中田翔はフルスイングでこれに応えた。

 バックスクリーンに球速147km/hが表示されると、超満員のスタンドが一段とどよめいた。球春が訪れるのを「まだか、まだか」と待ち望んでいた30119人のファンが、その一投、一振りに酔いしれた。

 この日のQVCマリンフィールドの気温は場所によっては10度以下に。じっとしていると指がかじかむ冬のような寒さだった。しかし、2人が魅せたこの一球の攻防で、スタンドのボルテージはさらに上昇、これに呼応するかのように涌井は、ふーっと深い息を吐いてから、ギアをもう一段上げると渾身の直球を投じた。スピードガンは「149km/h」と表示され、中田のバットは再び空を切った。

「初回の三振は獲るのにこだわった」

 昨年の涌井×中田の対戦成績は7打数3安打、本塁打1で中田が勝っているが、この日は3打数0安打2三振で涌井の完勝だった。

 試合後、涌井はこう振り返る。

「昨日(前日練習後)もキーマンに挙げていた(中田)翔を、初回にしっかり三振獲れたので、次の裏の攻撃に繋がったかなって思います」

 その言葉どおり、千葉ロッテ打線は初回に相手エースの大谷翔平を攻略。一挙3点を奪い、これを涌井は最後まで守り切った。

 この日、涌井が奪った三振7個のうち、彼が狙って奪ったものは、初回の中田の1つのみ。

「初回の三振は獲るのにこだわりましたけど、あとの回は三振よりも内野ゴロの方が自分のリズムが良くなるので、狙って獲った三振は(中田)翔の1個だけでした」(涌井)

 この日の涌井のボールは、彼の想定以上に走っていたがそこで変に欲張らず、普段通りの投球を心がけた。彼の芯の強さを感じさせる。

 2回以降は力みもなく、投球フォームの「レール」にしっかり乗せることで、腕が自然と振れ、さらに相手バッターを翻弄することにも繋がった。

【次ページ】 149キロの直球を軸に、微妙な速度差で打者を翻弄。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
千葉ロッテマリーンズ
北海道日本ハムファイターズ
涌井秀章
大谷翔平
中田翔
西口文也
小林雅英
吉田裕太

ページトップ