今、日本代表の守護神を担うにふさわしいGKは誰?

集計グラフを閉じる

 3月24日に行われた2018年サッカーW杯アジア2次予選アフガニスタン戦で日本代表は5-0の快勝を収め、最終予選進出を決めました。 ・・・続きを表示

●川島永嗣
●西川周作
●東口順昭
●その他

1-10件を表示 / 全13

すべて| 川島永嗣| 西川周作| 東口順昭| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 川島には敬意を表したいが、いわゆるポカが多く、個人的には信用度は高くない。年齢的にも、次のワールドカップではピークを過ぎており、ここで使う必要はない。

    東口は、Jリーグで活躍しているのは知っているが、まだ代表のゴールを担う「オーラ」がないと思う。相手も、誰だあのキーパーって感じで、攻めやすいだろう。

    これを勘案すると、現時点では消去法で西川しかいない。代表でも実績があるし、フィードのレベルも高いので、攻撃の起点になれる選手だ。

    以上の理由で西川周作に1票。

    マリンさん2016/03/25 23:53に投稿

    6
    そう思う!
  • JリーグのNo.1ゴールキーパーだから。
    DFラインに入るDF(槇野、森重)との連携も考えると他にはいない。

    ファルコンさん2016/03/25 20:08に投稿

    2
    そう思う!
  • 今の代表GKはいずれもドングリだと思うので将来も見据えて身長190cmクラスの若手台頭に期待しています。

    とはいえ、ロシア大会の予選と本戦の現実は経験が不足するので第2GKに抜擢ぐらいで正GKは東口で。
    ガンバの薄い守りを支えているので「いざ!」と言う時に頼りになると思っています。

    K4NUさん2016/03/28 11:13に投稿

    2
    そう思う!
  • ポゼッション優先のサッカーをしてる訳ではないので、サイズがありハイボールにも強い東口が妥当。川島はビッグセーブもあるがポカがある。西川はサイズが不安。東口にしても選択肢がないから選ぶだけ。キーパーが一番層が薄い。早急に育成が必要。

    みっちーさん2016/03/26 12:59に投稿

    1
    そう思う!
  • 代表や国際試合での経験値は高くありませんが、敢えて東口選手を推したいです。

    川島選手やかつての川口選手のように、印象的なパフォーマンスを残せるGKが日本代表のゴールを守る機会が多かったように思いますが、どうしても「神がかり」のようなプレーの一方で、時々ポカがあるのは気にかかるところ。そういう点では個人の好みの問題もあるかもしれませんが、90分間無難に過ごせる、安心して見ていられる守ってくれるGKというほうがふさわしいような気がします。海外でも、代表ゴールを守るGKは印象的なパフォーマンスよりミスをしない安定の選手の方が多いような。
    西川選手には東口選手よりも実績があるからこそ、このW杯までの中間期間である今経験値を東口選手に積んでもらって、競ってもらうほうがいいのかなと思いました。

    するのは苦手見るのは得意さん2016/03/26 22:31に投稿

    1
    そう思う!
  • GKに必要な絶対的な安定感が他を圧倒している。
    反応の良さ、空中戦の高さ、足元の技術も申し分なし。
    東口以外には考えられない。

    広島のヨハンクライフさん2016/03/29 10:52に投稿

    1
    そう思う!
  • 現時点で最も安定感があり、かつピークはまだ先にあると思われるから。

    7010さん2016/03/25 23:05に投稿

    0
    そう思う!
  • 2016年に限って言えば西川周作でしょう。

    わっきーさん2016/03/26 01:01に投稿

    0
    そう思う!
  • パフォーマンスよりも安定感重視したい。

    mizuさん2016/03/26 21:25に投稿

    0
    そう思う!
  • 世界を相手にする時にはゴーリーも組立に参加できることが望ましく、足下の技術がしっかりしている西川周作選手を推します。

    たけまろさん2016/03/27 13:19に投稿

    0
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ