セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

“人格者”でなければ引き受けない?
コンテ後のイタリア代表監督は誰に。

posted2016/03/26 10:30

 
“人格者”でなければ引き受けない?コンテ後のイタリア代表監督は誰に。<Number Web> photograph by AFLO

ユベントスでセリエAの3連覇をなしとげたコンテ。引く手あまたの中から次の職場に選んだのは悩める名門チェルシーだった。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

AFLO

 6月のEURO開幕を前に、イタリアではすでに次期代表監督探しが始まっている。

 現監督であるアントニオ・コンテがEUROフランス大会限りで退任し、未だ正式発表はないものの、今夏からチェルシーの監督へ就任することが確実と見られているからだ。

 コンテは、3月15日のイタリア・サッカー協会理事会を前にタベッキオ会長へ辞任を申し出て、あっさり了承された。まだ40代半ばで精力有り余るコンテが、クラブシーンの最前線へ戻りたがっていることは周知の事実だった。

「コンテ監督のプロ精神を信頼している。彼の率いる代表チームはフランスで全力を傾けてくれるはずだ。私は微塵も疑っておらん」

 現監督退任を明らかにしたタベッキオ会長は強弁したが、後継者選びではひと悶着起こりそうだ。

 グズグズしている暇はない。秋にはスペインと同組となったロシアW杯予選が始まるのだ。

 早急に体制を整えなければ、今や欧州の強豪国グループから脱落しそうなアズーリは、予選2試合目のスペイン戦でいきなり躓く可能性も高い。そもそも新監督の采配初戦の相手には、'06年のW杯決勝戦以来、何かと因縁深いフランスが用意されている。

 次の監督の船出には、最初から波浪注意報が出されているも同然なのだ。就任へ厳しい条件も多く、荒れ模様の海に乗り出すアズーリをまかせられる人物はそう多くない。

崩壊状態のチームを立て直す手腕には定評が。

 協会が真っ先に交渉すると見られているのが、ボローニャの監督ドナドーニだ。

 ドナドーニは52歳にして豊富な指導歴を持ち、'06年から'08年にかけて、すでに代表を指揮した経験もある。

 昨季はシーズン途中で破産したパルマを率いて、王者ユベントスを破る金星を挙げながら、最後まで指導を続け責任を全うした。ボローニャに途中就任した今季も、崩壊状態にあったチームを建て直し、30節終了時点で10位を確保。確かな手腕を発揮している。

 次期監督の有力候補としてにわかに注目されたドナドーニは、“もう心中にわだかまりはない”という意味のコメントを残し、仮に就任要請があった場合、受諾へ前向きだという姿勢を見せた。

【次ページ】 対抗馬のカペッロやラニエリは現実的ではない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
アントニオ・コンテ
クラウディオ・ラニエリ
ロベルト・ドナドーニ

ページトップ