猛牛のささやきBACK NUMBER

豪快なスイングと、細やかな分析力。
オリ・吉田正尚の魅力的な「二面性」。

posted2016/03/25 10:30

 
豪快なスイングと、細やかな分析力。オリ・吉田正尚の魅力的な「二面性」。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

小さい体を目一杯に使ったフルスイングは観る者に夢を見せる要素に溢れている。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

「遅いんじゃー!」

 こんな手厳しいヤジも、即戦力としてのファンの期待の裏返しだ。

 開幕が6日後に迫った3月19日、オリックスのドラフト1位・吉田正尚が、遅めのオープン戦デビューを果たした。

 大学日本代表で4番をはった期待のルーキーは、第4打席、阪神ラファエル・ドリスの152キロのストレートを代名詞のフルスイングでライト前に運び、一軍での一歩を踏み出した。

「いいもん見せてもらいましたね」

 試合後、福良淳一監督は顔をほころばせた。

「ストレートの球種に自分の強いスイングができるのは魅力。普通なかなかあそこまで振れないですからね」

 吉田自身も、手応えをにじませた。

「速いまっすぐを、自分の形でしっかりスイングできました。当てるようなバッティングは自分らしくないので、三振でもいいと思って振りました。とにかく、振れるということをアピールしたかった」

大学日本代表の仲間たちの活躍は、気になっていた。

 初戦にして高い対応力も示した。3打席目は高めのボール球を振って三振したが、「その反省を踏まえて、次は目線をしっかり落として見極めた分、ヒットにつながったのかもしれません」とすぐに次打席で修正した。

「高山も出ていますし、茂木もここ(京セラドーム)で打ちましたし、いろいろ情報が入っていたので、自分も早く打席に立って、打ちたいという気持ちはやっぱりありました」

 大学日本代表でクリーンアップを組んだ高山俊(阪神)、茂木栄五郎(楽天)の活躍は、やはり相当気になっていたようだ。

 吉田は、敦賀気比高で1年から4番を任され、甲子園に2度出場。青山学院大では通算17本塁打を放ち、即戦力の長距離砲として期待された。

 しかし1月、左ふくらはぎを痛めてキャンプは二軍スタート。2月6日に一軍昇格を果たすが、今度は右脇腹を痛め、わずか2日で降格となってしまった。

【次ページ】 「いいとこ見せよう、というのが少なからずあった」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
オリックス・バファローズ
吉田正尚
福良淳一
藤川球児

ページトップ