熱血指揮官の「湘南、かく戦えり」BACK NUMBER

湘南・曹監督のブレない心と戦略と。
未勝利続くJ監督の思いを込めた日記。

posted2016/03/23 12:00

 
湘南・曹監督のブレない心と戦略と。未勝利続くJ監督の思いを込めた日記。<Number Web> photograph by Shonan Bellmare

開幕戦の新潟から、川崎F、広島、浦和と強豪クラブと連続して戦うことになった湘南。4月からは……逆襲の時が始まる!

text by

曹貴裁

曹貴裁Cho Kwi-Jae

PROFILE

photograph by

Shonan Bellmare

 Jリーグの監督は、目の前の試合に対してどんな準備をし、結果をどう受け止め、そしてどんな思いで次の試合に向かうのか……。
 本連載では、湘南ベルマーレを率いる曹貴裁監督が、試合に臨むまでの過程を記した前週の日記と実際の試合結果を受けての胸中を同時に紹介。
 悩み、考え、決断する監督のリアルな声を毎週お届けします!
 今週は、浦和戦に向けた“ある決断”が綴られています。

*本連載ではチョウ・キジェ監督の氏名表記方法につきまして、湘南ベルマーレとの協議により「曹貴裁」と統一いたします。

<第4節・浦和戦前週の監督日記>

●3月16日(水)

 今週は今日と19日の土曜日に練習試合を入れている。浦和戦の翌日、翌々日がオフで浦和戦後に練習試合が組めないから、ということも理由だが、リーグで3試合を終えた今、確認したいことがあるからという意味も含んでいる。

 とかくミスをした選手や得点を取った選手がクローズアップされる傾向があるが、前節の結果を前向きに捉えるためには、試合に出なかった選手がどのような気持ちで練習するかが大事。選手にとって一番辛いのは、叱られる事でも怒号を浴びせられる事でもなく、無関心でいられること。この組織に自分が所属する定義を見失うとき、人は目に見えてパワーを落としていく。だから今後は今までゲームに出ていなかった選手がチームにいかに寄与していくか。このタイミングで町田との練習試合を入れたのはその尺度を確認するため。

 練習試合には敗れたが、前向きなプレーが多く、週末の試合のメンバー選考に向け、嬉しい悩みが増えた。

●3月17日(木)

 練習試合翌日は60分で練習を切り上げると初めから決めていた。一旦サッカーに向き合い、一旦は離れる。特に今週は普段より試合に向けての練習が1日多いから、1回はそういう日を入れた方がパフォーマンスが上がると勝手ながら信じている。それは長年このチームを率いた中で、チームに流れている独特の気だったりリズムだったりに起因することかなと考えている。こういうトライは他のチーム、他の選手であればまた違うことなのだろうが、我々の選手、チーム、組織に流れている気というのは、理論では計れない。

 種を植えて木が成長し実をつけるという型の決まった成長ではなくて、例えば花が咲く前の天気は必ず曇りの方が良いとか、実がなる前日は必ず晴れていた方が良いとか、その土地、土壌に基づいた習慣というのがクラブに流れているのではないかと信じている。

【次ページ】 朝目覚めた時、言いようのない違和感が……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
曹貴裁
湘南ベルマーレ
浦和レッドダイヤモンズ
李忠成

ページトップ