ダルビッシュ、岩隈、田中、前田。今季もっとも多くの白星をあげるのは?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 4月3日(日本時間4日)、MLBが開幕を迎えます。  ダルビッシュ有は昨年3月にトミー・ジョン手術を受けましたが、回復は順調の様・・・続きを表示

●岩隈久志(マリナーズ)
●田中将大(ヤンキース)
●ダルビッシュ有(レンジャーズ)
●前田健太(ドジャース)

1-10件を表示 / 全11

すべて| 岩隈久志| 田中将大| ダルビッシュ有| 前田健太|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 普通に考えればマー君でしょう。
    ヤンキースのエースであるわけだし18勝ぐらい期待します。
    岩隈はマリナーズということもありよくて12勝ぐらいかと。
    ダルビッシュは6月復帰と考えれば10~12勝。
    マエケンはまずはローテに入るとこからでしょう。
    ローテさえ入れれば二桁は勝てそう。

    ファルコンさん2016/03/09 19:20に投稿

    2
    そう思う!
  • 前田健太投手に期待します。岩隈投手、田中投手、ダルビッシュ投手はそれぞれ、故障を抱えていたり、故障明けなのでシーズン通しての活躍は難しいかもしれません(もちろんそれなりの数字は残すでしょうが)
    そして、メジャーでの活躍の傾向もどちらかと言えばメジャー初年度の方が活躍する確率も高い気がします(3年目のジンクスなどと揶揄されることもありますので)相手に前田健太投手の特徴などが知られる前に結果を残すことができれば多くの白星を挙げる可能性はあるのではないでしょうか。

    帝王00さん2016/03/10 21:50に投稿

    2
    そう思う!
  • 故障さえ無ければ田中将大かもと思うのだが、
    昨年後半の一発病がどうしても気になります。
    その点、岩隈はとにかく低めのコントロールが良くて
    安定している感じがします。

    Seijiさん2016/03/09 22:32に投稿

    1
    そう思う!
  • 前田投手はまず環境に慣れて、1年間きちんとローテーションをきっちり守れるかどうか。
    岩隈投手はマリナーズで打線や守備の援護が例年以上に得られれば面白いと思いますが、果たして…。
    あとは田中投手とダルビッシュ投手ですが、マー君の一発病?が気になるのと、ヤンキースが絶対的な強さでないにしても、もう少し勝てそうな試合があるような気がするので、ダルビッシュ投手が本調子で投げられることを期待して一票。球種も多いですし、打者の眼先をずらす投球術にも長けていると思います。

    するのは苦手見るのは得意さん2016/03/09 23:42に投稿

    1
    そう思う!
  • 未知数のマエケンを除いて全員が怪我をしているけど、その中でも安定した成績を残している。ダルビッシュ・田中将大が力で押すタイプなのに対して岩隈は技巧派で大崩れも少なかった。1番計算しやすいタイプの投手。白星は援護も有無もあるから難しいけど技巧派投手の方が投球テンポも良いし、他の3人に期待が行きがちだけど結果的に毎年1番印象に残る活躍をしている岩隈が日本人最多勝するはず。

    ogaさん2016/03/10 10:17に投稿

    1
    そう思う!
  • どんな環境でもそつなく投げてゲームを作って流れを引き込む岩隈です。故障明けの田中・ダルやメジャー1年目のマエケンはきっと今年じゃない気がしますから。

    わっきーさん2016/03/10 12:08に投稿

    1
    そう思う!
  • 昨シーズンは日本人投手2人目のノーヒットノーランを達成したが、開幕当初は故障者リスト入りするなど怪我の影響で先発投手としては9勝5敗と不本意な成績に終わった。オフにはFAで名門ドジャース入りを狙うも、フィジカルチェックで問題が発覚して契約が白紙に。再度マリナーズと1年契約の形になったが、それだけに今シーズンは期するものがあると思う。同級生の青木宣親がジャイアンツから新加入したのも好影響を与えるだろう。田中将大の代名詞SFFだが、本家本元の使い手は岩隈久志だと自負している。綺麗な二段モーションから速球を投げ込むスタイルの投手が、二段モーション禁止と度重なる怪我の影響でフォーム改造し、コントロール重視の打たせて取る投球にモデルチェンジしてパワーとパワーのぶつかるMLBでノーヒットノーランの快挙はとても素晴らしいことだ。今年は怪我がなければ14年シーズンに匹敵する成績を残すと確信している。

    スターマンさん2016/03/10 18:42に投稿

    1
    そう思う!
  • メジャーで日本人選手が活躍することとに慣れてきた。今年は4選手ともに活躍しそれぞれ最多勝争い等に名乗りを上げる予感がする。
    中でも退路を断って渡米した前田に期待したい。
    ロサンジェルスに”マエケン体操のブーム到来”そんな日が来るかも。

    mizuさん2016/03/15 00:51に投稿

    1
    そう思う!
  •  メジャーが絶賛した高速スライダーを武器に最多の勝ち星を挙げると思います。ここぞという場面で三振をとれる決め球があるし、戦列を離れ打者を相手にまっこう勝負をしたいというモチベーション、それらをマウンドの投球でメジャーのファンに日本のファンに魅せてくれるのではないでしょうか。

    手許 不如意さん2016/03/15 18:24に投稿

    1
    そう思う!
  • 田中投手だと思います。好不調の波を考えたら今年は好調になるはずで、1年間ローテを守れれば18勝前後はいけるはず。ヤンキースのエースの座を不動のものにしてほしい。岩隈投手はコントロールのいい投手という評価を確立していることもあり、15勝前後、バックの援護があれば田中投手と同じくらいいくかも。ダルビッシュ投手、前田投手も10勝くらいはいくのでは。
    とにかく日本の4本柱であるので、がんばってほしい。

    クジラさん2016/03/11 08:47に投稿

    0
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ