マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

森友哉vs.岡田雅利の配球一本勝負。
西武の紅白戦で見た捕手サバイバル。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/02/29 10:40

森友哉vs.岡田雅利の配球一本勝負。西武の紅白戦で見た捕手サバイバル。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

岡田雅利(一番右)と森友哉(右から2番目)。和気藹々とした雰囲気の下には真剣勝負の刃が煌いている。

森友哉は先輩に“敬意”の配球などしない。

 どうするんだ……。

 初球、まさにその“足元”に森友哉がミットを構える。胸元をえぐるストレート。踏み込んだ岡田の体勢が一瞬ひるむ。

 同じボールを2つ続けた。

 失礼なヤツだ……。

 内をストレートで突いて、サッと追い込んだ森友哉。相手は先輩、しかも6つも上だ。1つぐらい外に外して“敬意”を表するんだろう。

 推理は甘かった。

 またしても同じ足元に構えた森友哉。

 今度はスライダーだ。右打者の内角に右腕のスライダー。

 一瞬当たりそうになる錯覚で岡田が上体を避けた瞬間、そこから斜めにボールが滑って森友哉の構えるミットのその位置へ。

 まっすぐ、まっすぐ、スライダー。

 すべて先輩・岡田の内角へ、遊び球1球もなしの3球三振にきってとった。見事な“殺し”のテクニック。

 先輩といっても、一歩も寄せつけへんで……。

 おそらく、マスクの中で、それぐらいのことはつぶやいていたはず。

森の打席、岡田は目礼を返さずに守備位置を指示。

 なにもなかったような顔でベンチへさがって行く岡田に、足元の土をならすようにしながら、森友哉は一瞥もくれなかった。

 チェンジになって、今度は逆の場面がすぐにやって来た。打席に入る森友哉。

 捕手・岡田に目を合わせるようにして、ヘルメットのひさしに手をやって目礼する。無視するようにして、捕手・岡田がレフトに向かって守備位置を指示している。

 今度はどうするんだ……。

【次ページ】 「目には目を」の内角勝負が頭をよぎったはず。

3/4ページ
関連キーワード
埼玉西武ライオンズ
森友哉
岡田雅利

ページトップ