野球善哉BACK NUMBER

前田健太は他の日本人投手と違う!
投げない調整、中5日でMLB向き?

posted2016/01/28 10:40

 
前田健太は他の日本人投手と違う!投げない調整、中5日でMLB向き?<Number Web> photograph by AFLO

ついにメジャー挑戦を果たした前田健太。27歳、まさに全盛期と言えるタイミングだ。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

AFLO

 昨季の沢村賞投手・前田健太がロサンゼルス・ドジャースに入団する。

 PL学園高時代の1年夏、大阪大会決勝戦再試合で勝利を上げて優勝投手になった時から前田に魅了され続けてきた身としては、入団記者会見での喜びに満ちた表情はグっとくるものがあった。

 メディカルチェックで引っかかり、その契約内容に影響を与えた諸問題については後述するとして、前田のメジャー挑戦には、ダルビッシュ有や田中将大とは別の期待感を抱いている。

 というのも、前田の適応能力がどれほどメジャーの舞台に合致するかが、極めて興味深いからだ。

前田「ブルペンで投げ込む意味を見出せない」

 前田は日本の野球界でも、極端なほどに無駄に投げるのを嫌うタイプだった。もちろん試合以外での調整法のことだ。

 プロ野球のキャンプでは、100球~150球以上の投げ込みを行うことがザラにある。「1日300球、1カ月で3000球」を投じていた昭和時代に比べるといくぶん減少傾向にあるとはいえ、「投げてこそ覚える」という調整法が主流の日本にあって、前田は独自の路線を貫いてきた。キャンプでの100球の投げ込みすら、この9年で数えるほどしかしていない。

 2010年に1回目の沢村賞をとったころ、前田が自身の調整法についてこんな話をしていた。

「僕は何のためにブルペンで投げ込みをするのか、意味を見出せないんです。投げ込めば投げ込むほど何かが良くなるというならいくらでも投げますけど、実際はそうじゃない。僕は普通くらいの球数でいいと思っています。投げ込みたいという人がいることに関しては、人それぞれですけど、僕の場合は投げない方がシーズンにうまく入れる。

 フォームを固めるために投げ込みが必要だという意見もありますけど、オフで1、2カ月実戦が空いたくらいでフォームを忘れるとか、何100球も投げないと思いだせないような、やわなフォームはしていない。調整する方が大事だと思うので、過度に投げ込む必要はないと思っています」

【次ページ】 前田の適応能力が発揮された2013年のWBC。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
前田健太
ダルビッシュ有

ページトップ