あなたの心に強く残る、サッカー五輪男子日本代表チームは?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 リオデジャネイロ五輪の出場をかけ、U-23日本代表がアジア最終予選に挑んでいます。  1900年パリ五輪から公式競技となっている・・・続きを表示

●1968年メキシコ(長沼健監督/釜本邦茂、杉山隆一、八重樫茂生 ほか)
●1996年アトランタ(西野朗監督/伊東輝悦、川口能活、前園真聖 ほか)
●2000年シドニー(フィリップ・トルシエ監督/中田英寿、中村俊輔、宮本恒靖 ほか)
●2004年アテネ(山本昌邦監督/阿部勇樹、大久保嘉人、松井大輔 ほか)
●2008年北京(反町康治監督/内田篤人、長友佑都、本田圭佑 ほか)
●2012年ロンドン(関塚隆監督/清武弘嗣、永井謙佑、山口蛍 ほか)
●その他

1-10件を表示 / 全22

すべて| 1968年メキシコ| 1996年アトランタ| 2000年シドニー| 2004年アテネ| 2008年北京| 2012年ロンドン| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • キャプテン前園真聖、城彰二、川口能活、そして中田英寿
    その後の日本サッカー界の個性的なスターたちが青臭くそして猛烈に活躍した代表でした。
    ある意味ワールドカップ以上に強烈に印象に残っています。
    日本サッカーが光輝く未来しか見えなかった時代だったと思います。

    sugataさん2016/01/20 18:58に投稿

    4
    そう思う!
  • 「アトランタ五輪」の文字を見ただけで、出場していた選手も、試合の内容も結果も、溢れるように思い出す、そんなチームは自分にとってはアトランタ五輪代表だけです。
    個性的な選手たち、歴史的な勝利。これからの日本のサッカーの希望にドキドキさせられた代表チームでした。

    brbrさん2016/01/22 12:32に投稿

    4
    そう思う!
  • 当時、まだワールドカップに出たコトがないなか、今に繋がる世界への扉を開けたチーム。『マイアミの奇跡』はラグビーの南アフリカ戦に並ぶ、日本の力を世界に示した金字塔。

    ただこのチームのハイライトは、アトランタを掛けた『クアラルンプール』での予選、準決勝のサウジ戦。川口のスーパーセーブ、中田のスーパークリア、そして見事な突破でサウジ堅守を切り裂き2ゴールを決めた前園は、フラフラになりながらも体を張り大声でチームを鼓舞する。1点差に迫られた後、祈るように見ていた残り10分は他に例えようがない。

    『ドーハ』『ジョホールバル』などA代表を含めても、今までで最も心を揺さぶられた試合。そして世界を目指す熱量がどの世代よりも感じられたチームだったと思う。

    けんぼーパパさん2016/01/22 07:54に投稿

    3
    そう思う!
  • 1996アトランタオリンピックに出場していなければ、2年後のフランスワールドカップ出場、更に2002年ワールドカップでのベスト16もなかったのではないか。
    アトランタオリンピック世代が世界の扉をこじ開けたという意味で、名作「28年目のハーフタイム」とともに心に強く残っている。

    広島のヨハンクライフさん2016/01/26 14:49に投稿

    2
    そう思う!
  • 潜在能力はシドニー世代が最強だったと思うが久しぶりの出場でブラジルに勝ったアトランタ世代が一番心に残っている。ロンドンは結果は残したが一昔前のような見るのが楽しみなチームではなかった。

    ゆーいちろーさん2016/01/24 09:32に投稿

    1
    そう思う!
  • 日本の黄金世代の2000年シドニー。
    前年のワールドユース準優勝のメンバー中心でした。
    伸二がケガで本戦出れなかったのが残念でしたが、一番可能性を感じたチームだったと思います。

    ファルコンさん2016/01/27 16:19に投稿

    1
    そう思う!
  • 最終的に4位に輝いたというのももちろん素晴らしかったが、やは一番の偉業はスペインを撃破したこと。
    A代表が史上最強のナショナルチームとの呼び声高ったあの無敵艦隊スペインを五輪世代とはいえ倒したことは日本サッカー界の歴史に刻まれたと思うから。

    jv927さん2016/02/01 18:00に投稿

    1
    そう思う!
  • 残念ながら本大会では実績を残せませんでしたが、物おじせず、「調子のり」と呼ばれ、日本人としては珍しくゴールパフォーマンスをしたり、楽しそうに試合をしていたことが記憶に残っています。
    当時は特出したタレントはいませんでしたが、比較的層が厚く、各ポジション内の競争意識も高かったように思います。
    当時はレギュラーではなかった選手も、今海外で活躍していることも興味深いです。

    みみさん2016/01/20 19:20に投稿

    1
    そう思う!
  •  五輪で初めてメダルを獲得したメキシコ大会の代表が印象に残っています。ドイツのクラマーさんが自陣にきたボールを月に向かってけるように大きくクリアしろと教えたんではなかったですかね。実業団のメンバーで日本サッカー界のレジェンドが綺羅星のごとくいて、司馬遼太郎の「坂の上の雲」ではないですが、まことに小さな国の選手が世界的な大会で坂の上の一朶の雲をつかむような快挙に感激したのを思い出します。

    手許 不如意さん2016/01/25 12:06に投稿

    0
    そう思う!
  • オリンピックも始まってないから、本当は対象外かもしれないけど現在進行形だけど2016年。
    1番期待されていなかった世代だけど、予選突破してなんとかオリンピック出場できた。
    延長戦やロスタイムの得点と厳しい闘いだけど、その分ドラマを持っている。
    彼らの可能性と急曲線を描いた成長にも期待したい。

    ogaさん2016/01/27 18:27に投稿

    0
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ