リーガの得点ランクに異変。MSNとBBC、最終的に最も多くの得点を決めるのは誰?

集計グラフを閉じる

 例年であればメッシとクリスティアーノ・ロナウドが突出した得点数を挙げ、この2人の間で争われるリーガ・エスパニョーラの得点王争いですが、・・・続きを表示

●ネイマール(14得点)
●スアレス(13得点)
●クリスティアーノ・ロナウド(12得点)
●ベンゼマ(11得点)
●ベイル(8得点)
●メッシ(5得点)
※数字は第16節終了時点

1-10件を表示 / 全13

すべて| ネイマール| スアレス| クリスティアーノ・ロナウド| ベンゼマ| ベイル| メッシ|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • C.ロナウドです。
    現時点まで不調と言われていても12得点。
    普通に考えても昨年なみまで言わないが40得点ぐらいまで行くのでは。
    ネイマール、スアレスの得点はメッシが復帰する以上激減すると思う。あくまでエースはメッシであり他の2選手ではないということ。
    終わってみれば2位と10点くらいの差が付くのではないかな。

    ファルコンさん2015/12/26 18:56に投稿

    5
    そう思う!
  • スアレスだと思います。バルセロナのチーム状態も良いしスアレス自身の調子も好不調の並が少なく高いレベルで良いと思いました。ゴールに向かう力強さがリーガではトップクラスだと感じました。大舞台であればあるほど活躍できるスアレスは化け物だと思います。このまま得点王争いはネイマールとの一騎打ちかと。

    nonnoさん2015/12/26 15:42に投稿

    4
    そう思う!
  • まず、BBCはない。理由は単純に安定していないから。
    未だにこの3人が上手くいっているような気がしないし、連携というより個々の技術で決めている感があり、限界があると思う。
    そういう意味でいうと連携が完璧なMSNがメッシ復帰で得点を量産していくと思う。
    でも、メッシは大幅に出遅れている。ネイマールはメッシに過度に遠慮してしまい、ゴールが減りそう。こうなると生粋のゴールハンターであるスアレスが大本命だろう。スアレスはこれまでと同じペースでゴールを決め続けていくと思う。

    jv927さん2015/12/28 01:17に投稿

    2
    そう思う!
  • 業師のネイマールとまじめながら仕事を割り切るメッシに比べて、体の強さやゲームの流れを読む力ではスアレスが上回る。シーズンが終盤にかかっていく時にはスアレスの強みがより生きてくると思われるから。

    ストリーマーさん2015/12/28 09:08に投稿

    2
    そう思う!
  • トリオの機能性とそこから生み出される得点力はMSNの方が明らかに上でしょう。
    しかし、彼らはチームの勝利に結びつくゴールが誰のものであるかにはこだわっておらず互いにアシストし合うので、ゴールも分け合う形になります。
    対するロナウドは今ではゴールを決めることに特化しており、レアルに次々と与えられるPKで更にゴール数を稼ぐことができるので、チームの成功に比例せず個人タイトルを取るのはロナウドになると思います。

    rogerさん2016/01/01 18:26に投稿

    2
    そう思う!
  • マドリーが成績を残すにはクリスティアーノの爆発不可欠だから

    たけまろさん2015/12/29 19:05に投稿

    1
    そう思う!
  • 決定力がすごい。万能型ではないが典型的なストライカー

    ゆーいちろーさん2016/01/07 18:14に投稿

    1
    そう思う!
  • バルサが勝ち続けるためには、得点源がほど良く分散される必要があると思う。

    mizuさん2015/12/26 20:40に投稿

    0
    そう思う!
  • 生粋のストライカーという雰囲気があり、どんなカタチになってもゴールに捻じ込む力があるスアレスでしょう。

    わっきーさん2015/12/27 12:16に投稿

    0
    そう思う!
  • MSNの方がBBCよりも格段に連携が取れているため、メッシ復帰はバルサ全体のみならず、ネイマールの得点数アップにもつながる。ネイマール自身の戦術理解度も大幅に向上しているため、最終的に40点は超えてくるのではないか。

    うみんちゅさん2015/12/28 19:32に投稿

    0
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ