月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

プチ鹿島、12月のスポーツ新聞を切る!
プロ野球契約更改のドラマを味わう。

posted2015/12/28 11:00

 
ユニクロから山盛りの商品を贈呈されて満面の笑みの西武ライオンズ・高橋朋己。

ユニクロから山盛りの商品を贈呈されて満面の笑みの西武ライオンズ・高橋朋己。

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

「流行語大賞問題」とでも呼ぼうか。ここ数年「ユーキャン新語・流行語大賞」が発表されると「なんでその言葉なの?」というザワザワ感が世の中にひろがる。

 2015年も年間大賞に「爆買い」「トリプルスリー」が選ばれたことに対して、「トリプルスリーのどこが流行語だ!」というツッコミや違和感の表明がSNSで相次いだ。そりゃそうだろう、実際流行してないのだから。

 しかし流行語大賞は「おじさんによるおじさんのためのセレモニー」だと思うと俄然味わい深くなる。その証拠がスポーツ紙である。デカデカと報道し、真正面から「流行語大賞」を受けとめてみせた。たとえば次の1面見出し。

『流行語大賞獲った「トリプルスリー」山田 嵐になる 人気も実力もナンバーワンを守り続ける』(サンケイスポーツ・12月2日)

 全力でトリプルスリーを1面で報じた。助演はアイドルの嵐。

 流行語トップ10には「一億総活躍社会」という怪しげな言葉もあった。ホントに流行したのか? と思ってしまうけど、今年トリプルスリーを達成した山田哲人と柳田悠岐の年俸は1億円前後。数億円の高年俸選手より1億円クラスの選手が活躍したという意味では「一億総活躍社会」こそ、野球界が受賞する言葉ではなかったか。

プロ野球契約更改・珍プレー好プレー記事を一挙に!

 プロ野球選手の契約更改をどう記事にするか、どんな切り口を見つけるか。スポーツ新聞の腕のみせどころだ。ここからは「プロ野球契約更改・珍プレー好プレー記事」を一気に紹介しよう。

『則本あったかい ビジター側にも風呂作って』(日刊スポーツ・12月6日)

楽天の則本昂大投手が3000万円増の1億5000万円(推定)でサイン。交渉の席では、本拠コボスタ宮城の「ビジター側にも浴槽をつけてほしい」と直訴。「相手を配慮する異例の要望を出した」という。懐も気持ちもあったかい。

『ハム中田希望額届かず「馬でも買うか」』(デイリースポーツ・12月5日)

日本ハム・中田翔内野手は希望額に届かなかったが(2億4500万円プラス出来高払い・推定)一発サイン。
《使い道について「遊びで馬でも買おうかな。ジャッキー(命名予定の競走馬)が別のルートで稼いでくれれば」と冗談をかました。》

【次ページ】 黒田の男気に応えたカープの男気も讃えたい。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ