Number ExBACK NUMBER

フィギュアを追い続ける写真家、
能登直が選んだ羽生結弦のベスト演技!

posted2015/12/17 11:00

 
写真は2012年当時の羽生。すでに4回転ジャンプもこなしていた。今季は「SEIMEI」で新境地を開いている。

写真は2012年当時の羽生。すでに4回転ジャンプもこなしていた。今季は「SEIMEI」で新境地を開いている。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Sunao Noto

 2006年からフィギュアスケートを撮り始め、『YUZURU 羽生結弦写真集』『My Way 安藤美姫写真集』などの写真集を上梓しているカメラマンの能登直さん。羽生選手のソチ五輪金メダル、2015年NHK杯322.40点の衝撃とGPファイナルでの更なる世界記録更新など、フィギュアスケートの第一線の現場に向かい、感動の瞬間を数多く撮影してきた。

 Number892号では、能登さんに今まで撮影してきた演技の中からベストを挙げてもらう「マイベストプログラム」のインタビューを行った。カメラマンならではの、選手の細かい表情や動きにまでこだわったプログラムは以下のとおり。

●安藤美姫 2013-14年 全日本フィギュアスケート選手権SP「マイ・ウェイ」
●羽生結弦 2011-12年 ニース(フランス)世界選手権FS 映画「ロミオとジュリエット」より

出産後の安藤美姫と、震災1年後の羽生結弦。

 まずは、安藤美姫選手が出産後、現役に復帰し、地方大会を経て、出場権を得た13年の全日本選手権の演技。能登さんは彼女の写真集(『My Way』)を作ることになり、真夜中の練習に通ったり、可能な限り試合にも通い撮影を繰り返した。

「復帰当初の全然滑れない、跳べない時期から知っていたので、ショートでジャンプを全部成功させ、ほぼノーミスで演技を終えた美姫ちゃんの表情を見た時は涙が出てきてしまいました」

 続いては2012年、羽生結弦が弱冠17歳で初めて世界選手権に出場し、銅メダルを獲得した大会。東日本大震災後のシーズンだったうえに、試合直前には怪我もあった羽生。ショートでミスがあったが、フリーでは気迫あふれる演技を披露した。

「この日の羽生選手は本当に素晴らしかった。冒頭の四回転ジャンプを降りると次々ジャンプが決まる。途中なんでもないところで転倒した時は、『あ~』って思いましたが、ステップに入る前に気合が入った羽生選手が雄たけびを上げた瞬間、僕自身もゾクゾクしてしまって。これは凄いことになると思いながら、シャッターを切りつづけました」

【次ページ】 「自然と涙が溢れてファインダーが……」

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ