オリンピックPRESSBACK NUMBER

海外バレー経験を後輩に伝えたい――。
元代表・佐野優子が“エージェント”!?

posted2015/12/16 10:40

 
海外バレー経験を後輩に伝えたい――。元代表・佐野優子が“エージェント”!?<Number Web> photograph by Noriko Yonemushi

現役引退から7カ月。佐野の印象は現役当時とさほど変わらないが、表情の端々に“柔らかさ”を感じた。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Noriko Yonemushi

 日本、フランス、アゼルバイジャン、トルコ、スイス。日本を含め5カ国を渡り歩いた女子バレーボールのリベロ、佐野優子。2008年北京、2012年ロンドンと二度の五輪に出場し、ロンドン五輪では銅メダルを獲得した。

 あれから3年。今年5月に現役を引退した佐野が新たな道として“エージェント”を選んだ。

 これまでに培った海外経験と人脈を活かし、海外移籍に興味を持つ日本人選手を送り出したり、逆に日本のチームに外国人選手を紹介する。さすらいの守護神らしい第二の人生だ。

「ロンドンのあと、メダルを獲っただけで終わるんじゃなく、これからはバレー界に貢献しないとあかん、と思うようになりました。一部の選手は引退後、テレビに出て、解説をしたり、バレーを応援してくださいとアピールするような役割を果たしていて、それはすごく大きな役割ですが、私自身はそういう自分が前に出る仕事は向いてないなと思った。じゃあ自分に合っていて、人に役立つ仕事って何だろうと悩みました。普通の仕事も考えましたが、それだと自分は楽しくても、バレーボールにはつながらないし……」

 考えを巡らすうち浮かんだのがエージェントという仕事だった。日本のバレー選手としては初めてのケースだ。

「気軽に海外に行けるツールを作りたい」

 佐野が思い描くのは、海外移籍に対するハードルを下げて、選手がもっと気軽に、海外を選択肢の1つに加えられるような環境作りだ。

「日本では同じチームにずっととどまってやるのが普通だけど、もっと軽い感じで、ポッと海外に行けるようなツールを作れたらいいなと思って」

 そこには自らの苦い経験がある。最終的には、ヨーロッパのエージェントと自ら英語でメールのやり取りをし、スイスイと契約を交わすまでになった佐野だが、海外への最初の一歩を踏み出すまでは苦難の連続だった。

【次ページ】 苦難続きだった自らの海外移籍体験。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
佐野優子
ロンドン五輪
北京五輪
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

ページトップ