メルマガNumberダイジェストBACK NUMBER

武藤嘉紀が今季14試合で7点目!
ブンデスの強力DFをどう破っている? 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2015/12/09 18:20

武藤嘉紀が今季14試合で7点目!ブンデスの強力DFをどう破っている?<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

「ミムラユウスケのブンデス日本人戦記」、配信は毎週金曜日の予定です。

ブンデスリーガで戦う日本人選手の最新事情が満載の
メルマガ「ミムラユウスケのブンデス日本人戦記」
中身をちょっとだけ……特別にご紹介いたします!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ●今週の目次
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 【1】ブンデスリーガ第14節:ケルンvs.ダルムシュタット
      大迫勇也「もっと自分で要求していくことも大切かなと……」

 【2】ブンデスリーガ第14節:マインツvs.フランクフルト(1)
      武藤嘉紀「短い時間で駆け引きして、FWらしいゴールを奪えた」

 【3】ブンデスリーガ第14節:マインツvs.フランクフルト(2)
      長谷部誠「今のところは全然大丈夫」。恥骨炎も先発出場。

 【4】ブンデスリーガ第14節:ドルトムントvs.シュツットガルト
      香川真司、4-1勝利も「今日は全然イメージが湧かなかった」。


○●―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――●○

 【2】ブンデスリーガ第14節:マインツvs.フランクフルト(1)
      武藤嘉紀「短い時間で駆け引きして、FWらしいゴールを奪えた」

○●―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――●○

 11月28日、マインツがフランクフルトをホームに迎え、ライン・マイン・ダービーが行なわれた。武藤はセンターフォワードの位置で先発、81分までプレー。右サイドバックで先発した長谷部は37分ころからダブルボランチの一角に入り、84分までプレーした。

 5分、マインツの攻撃。右サイドをデブラシスがドリブルで切り裂き、2人をかわしてクロスを送る。武藤はギリギリまで動かず、一度自陣方向にフェイントを入れてから、相手センターバックのザンブラーノの前に出ると左足でラストパスを押し込む。武藤の今季7点目となるゴールで早くもマインツが先制する。

 その後はフランクフルトがボールを支配して相手陣内まで押し込む時間帯が続いたが、なかなか決定機をつくれない。

 27分にはフランクフルトのマイヤーの腕を押したラッツァが、大げさに倒れ込んでイエローカードが出される。

 35分、左サイドをハイロがえぐってクロス。ファーサイドのデブラシスがゴール前にダイレクトで折り返すと、武藤が右足でシュート。相手ディフェンダーにぶつかりこぼれたボールを、再び武藤が左足でシュートを放つが、わずか右に外れてしまった。

武藤の1点目に続きマリの2点目。

 するとその数分後、フェー監督が長谷部を呼び出し、イグニョフスキと長谷部のポジションを入れ替えるように指示。長谷部はここからダブルボランチの一角に入る。

 しかし40分、ハイロがカウンターに出ようとしたところをマイヤーが倒してイエロー。2度目の警告となり、マイヤーは退場。フランクフルトは10人で戦うことを余儀なくされた。

 マインツはこの隙を逃さない。42分、ハイロが左サイドから中央へドリブル。ディフェンダーに倒されてボールがこぼれると、マリが右足で右隅に蹴り込んで2-0となる。

 50分、右サイドのスペースに飛び出したマリがグラウンダーのクロスを送ると、ゴール前にフリーになっていた武藤のもとへ。しかし、武藤がフリーで左足で合わせたが、ミートせずにゴール左に外れた。

 そこからは1人少ないフランクフルトが捨て身の攻撃で前に出ていく。

 61分にはアイクナーとのワンツーから、右サイドを飛び出したセフェロビッチが左隅に蹴り込んで2-1とする。

 しかし、そこから先はフランクフルトの選手たちにも疲れが見えて、ゴールは決まらず。2-1でマインツが逃げ切りに成功した。

 試合後の武藤はかなり嬉しそうな表情を浮かべ、手ごたえをにじませつつ気さくに取材に応じた。

【次ページ】 「やっぱり後半の決定機を決めきらないと……(苦笑)」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
武藤嘉紀
マインツ

ページトップ