箱根駅伝2016BACK NUMBER

[2016箱根駅伝プレビュー]
次世代エースが狙う、王座奪還のシナリオ。 

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph byRei Itaya

posted2015/12/24 07:00

[2016箱根駅伝プレビュー]次世代エースが狙う、王座奪還のシナリオ。<Number Web> photograph by Rei Itaya

東洋大の服部弾馬と駒沢大学の中谷圭佑。両校のエースは混沌の箱根路を切り拓けるか。

「上位6人くらいまではあまり差はない」

 監督の酒井は来るべき箱根を見据えて、中間層の戦いになる、と展開図を描いた。

「うちが優勝している時はエースから襷を受け取る3区、山につなぐ4区、そして復路のつなぎ区間である7区と8区で区間賞を獲れたときが多いんです。特に今回は7区と8区を東洋、早稲田、駒澤、青学のどこが獲るのか。層の厚さで言えばやはり青学が強いけど、上位6人くらいまではうちを含めてあまり差はないんですよ。

 前回の優勝メンバーと新しい選手をどう組み合わせてくるか。原監督が思いきって5区を代えるのか、成功例をまたやるのか。みなさんの最大の関心事はそこじゃないですか。我々にも5区にジョーカーがいた年があるからわかります(笑)」

 前回の箱根は5区で区間賞を獲った神野大地の独擅場だった。東洋大とは約6分、駒大とは8分以上の大差をつけ、青学大の独走を決定づけた。その神野だが、全日本の走りを見る限り状態が万全とは言い難い。東洋大を含むライバル校はいかに往路を上位であがれるかが鍵になりそうだ。

「神野くんが去年の力でなければ、混戦ですね。我々にも十分優勝のチャンスはある。一方で、5位になることもあると思います。でもそれはきっと、青学にも言えることだと思うんですよ」

 口調は明るい。やれることをやって結果を待つ。そんな意気込みが伝わってきた。

駒大は「育成の年」。

 駒大のキャンパスで箱根駅伝壮行会が行われた翌日、大八木弘明監督のもとを訪ねると、やはり表情は明るかった。

「昨日は欽ちゃん(萩本欽一)が応援に来てくれたよ」と嬉しそうに笑う。

 顔色の良さは箱根への期待感から来るものなのか、それとも大本命ではないゆえの気持ちの余裕だろうか。

「まあ今年は大砲が2人抜けたので、その穴をどう埋めるか。育成の年ということで底上げを基本にやってきたんですけど、少しずつ工藤(有生)とかの2年生、3年生の状態が上がってきました。中谷(圭佑)も気にするくらい、工藤は上り調子です」

 エースの戦力で言えば、駒大の2枚看板も決して見劣りしない。工藤は前回、1年生ながら4区区間2位のデビューで非凡なセンスを見せつけた。今季も出雲、全日本と主要区間で好走。エースの中谷がこの姿を見て刺激を受けないはずはないだろう。

【次ページ】 エースの強気の走りとミスのない駅伝に勝機。

3/4ページ

ページトップ