沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

外国人騎手を買えば当たる、のか?
砂の王者はサンビスタとデムーロ。

posted2015/12/07 11:30

 
外国人騎手を買えば当たる、のか?砂の王者はサンビスタとデムーロ。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

単勝66.4倍をつけたサンビスタ。ミルコ・デムーロは皐月賞、ダービーに続き今年GI3勝目。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 2週連続で牝馬が激走した。第16回チャンピオンズカップ(12月6日、中京ダート1800m、3歳以上GI)を制したのは、単勝12番人気の6歳牝馬サンビスタ(父スズカマンボ、栗東・角居勝彦厩舎)だった。ショウナンパンドラが差し切った先週のジャパンカップにつづき、牝馬が牡馬混合GIを快勝。なお、牝馬がJRAのダートGIを制したのはこれが初めてのことだった。

 ゲートが開き、武豊が乗る1番人気のコパノリッキーがコーリンベリーをじわっとかわしてハナに立った。武としてはそのまま単騎で逃げたかったところだが、外のクリノスターオーとガンピットに競りかけられながら1コーナーに入った。

「1、2コーナーで絡まれて息が入らず、厳しくなった。あそこでムダな脚を使ったことがすべて」と武。

 2番人気のホッコータルマエは好位6、7番手の外、ミルコ・デムーロのサンビスタがその内を引っ張り切りの手応えで進む。3番人気の3歳馬ノンコノユメは後ろから2頭目につけている。

 1000m通過は1分00秒2。ホッコータルマエが勝った昨年より2秒1も速い。

人気2頭がラスト400mで抜け出したが……。

 3、4コーナーを回りながらホッコータルマエが外から一気に進出し、逃げるコパノリッキーに並びかけた。

 最後の直線、ラスト400m地点でコパノリッキーが抜け出し、ホッコータルマエが追いすがる。

 2頭のマッチレースか――と思われたが、ラスト200m地点でサンビスタが馬ごみから抜け出し、デムーロの右鞭に応え、コパノリッキーとホッコータルマエを並ぶ間もなくかわしていく。

 内埒沿いからノンコノユメ、大外からサウンドトゥルーが凄まじい脚で伸びてくる。

 しかし、独走態勢に入っていたサンビスタはリードを保ったままフィニッシュ。デムーロが右の拳を突き出した。

【次ページ】 前にいった馬が総崩れの中で勝ったサンビスタ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
サンビスタ
ミルコ・デムーロ
角居勝彦
ノンコノユメ
チャンピオンズカップ

ページトップ