プロ野球亭日乗BACK NUMBER

最高の打線が選びがちな“打って還す”。
侍ジャパンに小技は本当に必要ないか。

posted2015/11/12 11:50

 
最高の打線が選びがちな“打って還す”。侍ジャパンに小技は本当に必要ないか。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

6番に入った中田翔が先制弾、サヨナラと大活躍。中村剛也との4番争いはまだ終わっていない。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 最後は力で振り切った。

 9回に守護神・澤村拓一投手(巨人)が捕まってまさかの同点に追いつかれたその裏だ。

 山田哲人内野手(ヤクルト)の右翼線二塁打で侍ジャパン打線がサヨナラのチャンスをつかむ。中村剛也内野手(西武)が三振に倒れて1死、この回から右投手のアレクサンダー・カルデラ投手をマウンドに送っていたメキシコベンチは、3安打の筒香嘉智外野手(DeNA)との勝負を避けて敬遠。あえて第1打席で1号を放っている右の中田翔内野手(日本ハム)との勝負を選択した。

「筒香が敬遠されてあれで一気にスイッチが入りました。普段は前の打者が敬遠されることなんてない。なんとか仕事をしなければと思いました」

 燃えない訳にはいかない。

 その意地を乗せたライナーが右中間に弾んで、侍ジャパンは6-5とサヨナラでメキシコを振り切った。

「日の丸を背負ったとき、あまり活躍できていないのでホッとした。世界で1番になることしか頭にないですから、全員でつかみにいきたい」

 取り囲んだ報道陣を見回してこう語った中田だったが、この戦い、思っていたよりも厳しく、ガチでいかなければやられる気配に包まれているのである。

飢えたハイエナは時にライオンより怖い。

 ある関係者がこう語っていた。

「予想以上に中南米のチームの選手のレベルが高い。シーズン終了直後なので身体もできているし、調整途中のWBCより仕上がっているので、特にバッターの振りが鋭い。それと選手もメジャーには上がれないレベルですが、逆に彼らのこの大会でのモチベーションは日本や韓国の関係者にアピールすること。そうしてあわよくば契約を取ることが目標だから目の色が違うんです」

 WBCに出てくるメジャーリーガーがお腹一杯のライオンだとすれば、彼らは飢えたハイエナだった。どちらの檻に入るのが怖いかと言えば、実はハイエナなのかもしれない。

【次ページ】 稲葉コーチ「決めるべきところでバントを」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
澤村拓一
プレミア12
稲葉篤紀
小久保裕紀
中田翔
炭谷銀仁朗
WBC

ページトップ