ラグビーPRESSBACK NUMBER

代表選手のチームは? 優勝争いは?
ついにラグビー・トップリーグ開幕!

posted2015/11/12 11:00

 
代表選手のチームは? 優勝争いは?ついにラグビー・トップリーグ開幕!<Number Web> photograph by Sho Tamura/AFLO SPORT

今季開幕前のトップリーグ・プレスカンファレンスでのヤマハ発動機の五郎丸とパナソニックの堀江。

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Sho Tamura/AFLO SPORT

 これほど開幕が待望されたのは、リーグ誕生13年目で初めてかもしれない。

 2015-2016シーズンのラグビートップリーグは、11月13日(金)に開幕する。

 待望されたのは、何と言ってもワールドカップ(W杯)での日本代表の活躍があったからだ。初戦で優勝候補・南アフリカを破り、強豪サモア、W杯で過去2戦2敗の難敵・アメリカにも勝って1大会3勝の好成績を収めたことで、日本列島には空前のラグビーブームが到来した。

 W杯で日本代表はボーナスポイントの関係で惜しくも準々決勝には進めず、10月13日に帰国。W杯終了と、11月7、8日に香港で行われた7人制ラグビー(セブンズ)のリオ五輪アジア予選を待って開幕するため、トップリーグの開幕は、ジャパンの帰国からまるまる1カ月後まで遅れたのだ。

 待ちきれないファンはチケット確保に走った。

 W杯でスターダムにのしあがった五郎丸歩の所属するヤマハ発動機が、トヨタ自動車と初戦を行う11月14日(土)の名古屋・パロマ瑞穂ラグビー場のチケットはジャパン帰国直後の10月17日に完売。3連覇を目指すパナソニックがサントリーを迎え撃つ11月13日(金)夜の開幕戦(東京・秩父宮ラグビー場)も早々に売り切れた。トップリーグ試合のチケット完売は、過去12シーズン一度もなかったことだ。

トップリーグを楽しむための基礎知識。

 今季のトップリーグは、昨季までとは少し異なるフォーマットで行われる。

 W杯の影響で、例年なら8月下旬の開幕が11月までずれ込んだ。来年2月から国際的なリーグ戦であるスーパーラグビーに日本チーム「サンウルブズ」が参戦することがその理由だ。

 トップリーグでは、16チームが8チームずつ2グループに分かれて第1ステージを戦い、第2ステージでは各組上位4チームが優勝をかけて戦う。下位となった4チームは入替戦回避をかけて(今季はW杯の影響を考慮し、自動降格は適用されないことになった)戦うのだが、例年なら総当たり戦で行われる第2ステージが、今季はトーナメント方式で実施されることになった。

 このトーナメントは勝者同士だけでなく、敗者戦も行われるのがポイント。上位グループでは1位から8位まで、下位グループでは9位から16位まで、全チームの順位がトーナメント戦で決定されるのだ。

【次ページ】 W杯で戦った日本代表選手たちはどのチームに?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
五郎丸歩
堀江翔太
稲垣啓太
ホラニ龍コリニアシ
田中史朗
山田章仁
マレ・サウ
リーチ マイケル
大野均
三上正貴
廣瀬俊朗
湯原祐希
山下裕史
木津武士
伊藤鐘史
クレイグ・ウィング
畠山健介
真壁伸弥
小野晃征
日和佐篤
松島幸太朗
ツイヘンドリック
ロビー・ディーンズ

ページトップ