フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

カナダGPは波乱のち、名演技続出。
チャンが優勝、羽生も6位から挽回。

posted2015/11/03 11:00

 
カナダGPは波乱のち、名演技続出。チャンが優勝、羽生も6位から挽回。<Number Web> photograph by AFLO

フリーで驚異的挽回を見せた羽生。歴代のSP最高得点記録は羽生、フリーの記録はチャンが持つ……名勝負はこれからも続く。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

AFLO

 カナダのアルバータ州レスブリッジで開催されたグランプリシリーズ第2戦、スケートカナダ。羽生結弦とパトリック・チャンがソチオリンピック以来初めて顔を合わせたこの大会は、シーズン初めに相応しいドラマチックな展開となった。

パニックになったプレスルーム。

「羽生の囲みは、ミックスゾーンではなく会見の後でやります」

 男子SPの日、我々日本メディア関係者は予めそう聞かされていた。通常は演技終了後、選手は控室に戻る前に、ミックスゾーンと呼ばれる場所で立ち止まって報道陣の取材に応える。だが最終滑走の羽生は、その後のトップ3人の記者会見までの時間が短いため、ミックスゾーンはやらないというお達しだった。

 羽生がトップ3を逃して記者会見に来ない可能性のことなど、この時点ではおそらく本人も含めて誰も想定していなかっただろう。

転倒続出の“荒れた”男子SP。

 その日の男子のSPは、荒れた試合という形容がぴったりだった。2年ぶりにGPシリーズに戻ってきたパトリック・チャンは、前半グループに登場した。冒頭の4+3トウループコンビネーションはきれいにきまるも、次の3アクセルで転倒。最後のルッツは2回転になり、必須要素を満たしていないためノーカウントになった。80.81というスコアは、王者の復帰としては不本意だったに違いない。

「このプログラムは内容がとても難しく、ジャンプを跳びながら滑りきるのが大変なんです。(コーチの)キャシーは、ここまで難しくする必要があるのか、と怒ったくらいでした」とミックスゾーンに現れたチャンは語った。しかしそれほど失望している様子はなく、「今日は楽しんで滑ろうと決めていました」と笑顔を見せた。

【次ページ】 羽生はまさかの70点台。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
羽生結弦
パトリック・チャン
村上大介

ページトップ