オリンピックPRESSBACK NUMBER

日本、37年ぶりに世界体操で団体金!
歴史を作った内村航平と若き選手たち。

posted2015/10/29 12:35

 
日本、37年ぶりに世界体操で団体金!歴史を作った内村航平と若き選手たち。<Number Web> photograph by Ryu Voelkel

内村は「(団体でも)ようやく金メダル」、白井は「チームで勝つのは嬉しいです!」、水鳥監督は「リオの金メダルに繋げたい」とコメント。

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Ryu Voelkel

 出場8チーム中7チームの演技が終わり、残るは日本の鉄棒の最後の1人だけとなっていた。

 英国グラスゴーで行なわれている体操世界選手権。37年ぶりの団体金メダルを目指し、最終演技者の内村航平(コナミスポーツクラブ)が鉄棒の前にスッと立つ。会場全体が静まりかえる。

 日本がトップになるために必要であろう得点はおおむね14点ほど。普通にやれば15点台の半ばは堅い内村だけに、よほどのことがない限り、金メダル間違いなしという状況だった。

 バーを握る。車輪を開始する。すると、最初の手放し技であるコバチの体勢に入ろうとしたときだった。突然、会場に割れんばかりの歓声が響き渡った。地元英国の最終演技者の得点が出て、その時点で英国がトップに立ったのだ。

 英国の大歓声が轟音のように響く中で演技をして失敗した、ロンドン五輪団体決勝のあん馬を思い出させる光景――。

 内村は、コバチをなんとか成功させたものの、続く手放し技であるカッシーナでバーをつかみそこねた。前の演技者であった田中佑典に続く、まさかの落下だった。日本チームの空気が一気にどんよりと曇った。

内村のアクシデントに不穏なムードが漂う……。

「僕の中では何の狂いもなかったのだけど、車輪の(次の技へ行くための動きをする)ところで英国の大歓声がタイミング良く起きてしまって……。もしかしたら技術的にずれてしまったのかもしれない」

 もう一度バーに飛びついた後はしっかりと技を実施したが、英国の上を行くには13.993点以上が必要となっていた。認定されるであろう技の数や、実施の正確さからすれば14点を下回ることはないだろうと思えたが、今大会は鉄棒の採点が非常に辛い傾向にあり、不穏なムードはぬぐえなかった。

「14点いくか? これはヤバイ……」

【次ページ】 日本、37年ぶりの金メダルを獲得!!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
内村航平
白井健三
萱和磨
早坂尚人
世界体操
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

ページトップ