プロ野球亭日乗BACK NUMBER

千賀が山田に打たれ、久古が柳田切り。
ヤクルトが“ジョーカー”で手にした1勝。

posted2015/10/28 12:10

 
千賀が山田に打たれ、久古が柳田切り。ヤクルトが“ジョーカー”で手にした1勝。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

3打席連続ホームランでヤクルトに漂っていたマイナスの雰囲気を振り払った山田哲人。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 救世主、現る。

 敵地連敗で、負ければ王手をかけられる試合で、ヤクルトに救世主が現れた。

 山田哲人の日本シリーズ新記録となる1試合3連発。1回にソフトバンク先発・中田賢一の抜けたスライダーをバックスクリーン左へ叩き込み、同点に追いつかれた3回にも中田の真っ直ぐを1発目から左へ4、5メートルの中堅スタンドに2号。1点をリードされた5回には、2死一塁から千賀滉大の148キロの内角ストレートを左翼席に逆転2ランと、一人で試合を動かし切った。

 この救世主の放った3本の本塁打には、先制、勝ち越し、逆転、とそれぞれに大きな意味がある。特に3本目の2ランは勝負を決める一発として、この試合だけでも大きな意味があったのだが、シリーズの今後を考察していく上でも、ソフトバンクに大きなダメージを与える一撃となったはずだ。

「やられちゃったね。甘く入らないとあそこまでは飛ばない。せっかく対策してもコントロールできなかったね」

 千賀が浴びた決勝弾に対する試合後の工藤公康監督のコメントが、ダメージの大きさを表しているように思えた。

あえて「ミスだ」ということにした工藤監督。

 山田が打ったのはインハイの148キロのストレートで、実は決して甘い球ではなかった。しかしそれを腕をたたんで、体の回転で弾き返した。失投というよりも、山田の反応力と技術力の高さが生んだ一発だった。言うなれば山田が本領を発揮した本塁打だったわけである。

 ただ、指揮官はあえてそこで千賀のコントロールミスを指摘した。打たれてはいけない投手が打たれたときに、そのダメージを消すために、監督がメディアに対して使う手と読むことができる。

 実はこのシリーズは、両チームともに中盤以降の投手リレーに絶対的な自信を持っている、いわば逆算のシリーズなのである。

【次ページ】 工藤監督にとって、千賀はジョーカーである。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
山田哲人
福岡ソフトバンクホークス
東京ヤクルトスワローズ
千賀滉大
久古健太郎

ページトップ