スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

短期決戦とラッキーボーイ。
~マーフィの6試合連続本塁打~

posted2015/10/24 10:30

 
短期決戦とラッキーボーイ。~マーフィの6試合連続本塁打~<Number Web> photograph by Getty Images

カブスの夢を打ち砕いたマーフィーは、カブスの「ヤギの呪い」のヤギと同じ名前だった。

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 2週間前、私はディヴィジョン・シリーズの結果をこう予想した。

 NLDS:メッツ>ドジャース
     カブス>カーディナルス
 ALDS:ロイヤルズ>アストロズ
     ブルージェイズ>レンジャーズ

 運のよいことに、ここまでは予想が完全に的中した。が、そのあとがいけない。私は

 NLCS:カブス>メッツ
 ALCS:ロイヤルズ>ブルージェイズ

*略号については、NL=ナショナル・リーグ、AL=アメリカン・リーグ、CS=チャンピオンシップシリーズ

と予想したのだが、ナ・リーグの大穴カブスがメッツに4連敗を喫してしまったのだ。

カブスのエース・アリエータを打ち砕いたマーフィ。

 10月17日と18日、カブスはメッツの本拠地で2連敗した。しかも負け方が悪かった。初戦はヴェテランのジョン・レスターを立てて2対4と敗れ、第2戦は絶対エースのジェイク・アリエータをマウンドに送り込みながら1対4と苦杯を喫したのだ。

 とくに第2戦は、けっして落としたくないゲームだった。舞台が敵地のシティ・フィールドとはいえ、今季のカブスは、レギュラーシーズンでメッツに7勝0敗と圧倒的優位に立っていた。ましてアリエータは、今季後半の防御率=0.75が示すとおり、抜群の投球を見せてきた投手だ。ワイルドカードの対パイレーツ戦を見ても難攻不落の印象が強い。ただ、NLDS第3戦の対カーディナルス戦では、かすかに不安な翳りを覗かせていた。そろそろ疲れが出てきたのだろうか。

 そんなアリエータに牙をむいたのが、メッツのラッキーボーイことダニエル・マーフィだった。1985年4月生まれだから、もはや若いとはいえない。'06年のドラフトで13巡目(全体では394位)に指名されてメッツと契約を結び、'08年から大リーグでプレーしている。といっても、本塁打数は初年度を除くと年間平均10本。打率は2割8分から9分といったところで、通常ならばそうマークされる選手ではない。

 ところが、このマーフィが大化けした。

【次ページ】 カーショー、グリンキーに続きアリエータも。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ダニエル・マーフィ
ニューヨーク・メッツ
シカゴ・カブス

ページトップ