沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

スプリンターズSは“女の武器”炸裂!
調教師が「ミラクル」と呼ぶ勝利。

posted2015/10/05 11:45

 
スプリンターズSは“女の武器”炸裂!調教師が「ミラクル」と呼ぶ勝利。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

勝ちきれないレースが続いていたストレイトガールだが、戸崎とのコンビになって3戦でGI2勝と大きく飛躍した。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 やはり「女」が強かった。

 秋のスプリント王を決める第49回スプリンターズステークス(10月4日、中山芝1200メートル、3歳以上GI)を制したのは、1番人気に支持された6歳牝馬のストレイトガール(父フジキセキ、栗東・藤原英昭厩舎)だった。

 マジンプロスパーが出走を取消し、15頭による争いとなった。

 ほぼ横並びのスタートから、浜中俊が乗る13番のミッキーアイルが体ひとつ前に出た。すぐに7番の武豊・ベルカントが内から並びかけ、これら2頭の間から9番アクティブミノルと8番のハクサンムーンが出鞭をくれて抜け出し、ハクサンムーンがハナに立った。

 ゲートから1ハロンほどのところで隊列がほぼ定まった。ハクサンムーン、アクティブミノル、ミッキーアイル、ベルカント、香港のリッチタペストリー、サクラゴスペルとつづき、スタート直後に両側から挟まれて後手を踏んだ戸崎圭太のストレイトガールはその後ろにつけた。

「もうちょっと前につけようと思っていたのですが、一歩目でぶつかって勢いがつかなかった。それでも道中の雰囲気はよかったし、最後は確実に伸びる馬なので、自信を持って構えていました」

 そう話す鞍上と呼吸を合わせ、ストレイトガールは中団馬群のなかで脚を溜めた。

かなりのスローペースで流れた前半戦。

 最も速いスタートを切りながら、他馬にハナを譲ったミッキーアイルの浜中は、「あの枠(13番枠)から先頭に立とうとすると外に弾かれ、そこで終わってしまうので、行く気はありませんでした。途中から掛かってしまったのですが、前の2頭がもう少しやり合ってくれたらよかったんですけどね」と振り返る。

 ミッキーアイルを見ながら好位でレースを進めたベルカントの武が「いい形だった」と言い、後方に控えたウキヨノカゼの四位洋文が「ペースが落ちついた」と話していたように、これだけのメンバーが揃ったスプリントGIにしては、あまり速い流れにはならなかった。ゲートからの前半3ハロンは34秒1、上がり3ハロンは34秒0。新潟で行われた昨年は同33秒7、35秒1、中山で行われロードカナロアが連覇した一昨年は同32秒9、34秒3、2012年は同32秒7、34秒0、'11年は同33秒0、34秒4という数字にも現れているように、今年は前半がスローだった。

【次ページ】 レースの様相が一変したラスト100メートル。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
スプリンターズステークス
ストレイトガール
戸崎圭太
凱旋門賞
ゴールデンホーン
トレヴ

ページトップ