オリンピックPRESSBACK NUMBER

強豪相手にお約束の第3セット失速。
男子バレー、急速な成長と高い壁。

posted2015/09/30 10:40

 
強豪相手にお約束の第3セット失速。男子バレー、急速な成長と高い壁。<Number Web> photograph by KYODO

石川祐希とともに若い力で全日本を引っ張る柳田将洋。今大会でも目立ったサーブはチームにとって大きな得点源となる。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

KYODO

 ラグビーに続き、男子バレーも金星か――。そう期待を抱かせる最後の2試合だった。

 バレーボールのワールドカップ男子大会。5勝4敗で迎えた第10戦の相手ポーランドは、世界ランキング3位で、昨年の世界選手権王者だ。

 その相手に、日本は第1セット序盤から攻めまくる。

 今大会で世界レベルの実力を証明した19歳のエース、石川祐希(中央大2年)の2連続サービスエースなどで先行。すると、サーブを武器とする23歳、柳田将洋(サントリー)も、負けじと強烈なサーブでポイントを奪い11-7とリードを広げた。

 今大会、ベストサーバーランキング5位となった柳田は、「僕がサーブで攻めることができれば、どんな相手も、普通のチームになる」と自負する。

 終盤、ポーランドに追いつかれるが、最後は柳田がサーブで崩してチャンスを作り、石川がスパイクをたたき込んで26-24で、世界王者から第1セットを先取。普段は柔和な表情の石川が、気合いをみなぎらせてカッと目を見開き、柳田の背中をドンドンとたたいてねぎらった。

日本が3セット目に失速するのはなぜか。

 日本は勢いそのままに第2セットもリードするが、終盤に逆転され、今度はデュースの末にセットを落とした。

 すると第3セット、日本はレセプション(サーブレシーブ)が崩れだし、サーブミスが続く。

 レセプションが崩れても、スパイカーが相手ブロックに当ててリバウンドを取ったり、相手が不利になる場所に返して、直接失点を避ける、というチームの約束事があるのだが、劣勢になると打ち急ぎ、ミスをしたり相手ブロックのえじきになった。

 結局日本は立て直せず、3、4セット目を奪われて逆転負けを喫した。

 3セット目の失速。これは今大会、強豪との対戦でたびたび見られた光景だった。2セット目までは互角、あるいはそれ以上の展開を見せるが、3セット目に崩れてしまう。

 その原因として選手たちが挙げたのが「集中力」や「精神的なスタミナ」だ。

【次ページ】 日本選手の多くにとっては非日常のレベル。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
柳田将洋
石川祐希
南部正司
リオデジャネイロ五輪
オリンピック
バレーボール

ページトップ