超強力3トップのバルサ「MSN」とレアル「BBC」。今季、より多くの得点を挙げるのはどっち?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 昨季、リーガ・エスパニョーラ優勝、国王杯優勝、チャンピオンズリーグ優勝と三冠を遂げたバルセロナには“MSN”と・・・続きを表示

●MSN(バルセロナ)
●BBC(レアル・マドリー)

1-10件を表示 / 全10

すべて| MSN(バルセロナ)| BBC(レアル・マドリー)|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • マドリーのBBCトリデンテも脅威であるがバルサMSNは個人能力ある他にマドリー以上にフォローがある。ダニ・アウベス、マスチェラーノ、アルバ、ブスケツ、ラキティッチにイニエスタ。彼らを生かした上に得点決めるので断然MSNが光る

    えあっちさん2015/09/15 19:55に投稿

    9
    そう思う!
  • レアルに一票。
    というか、クリスティアーノ・ロナウド選手に一票ですかね(笑)

    ちょっと先日の爆発力を見ると、毎試合あれは不可能だとしても一体どこまでシーズン得点を伸ばすのだろうと期待してしまう。
    彼が高い次元での得点力を維持し続けマークがきつくなれば、それだけ残りのBBの力が活きてくるのではないか…と思ってしまうので。

    するのは苦手見るのは得意さん2015/09/15 23:43に投稿

    6
    そう思う!
  • 昨季の「MSN」の得点数は、バルサがチームとして全てがうまくいった上での結果。それに対し、レアルは昨季失意のシーズン。それでも「BBC」の得点数が「MSN」のそれと大差ないことを考えると、今季は「BBC」が上回る可能性は十分だと思います。ただ、監督が監督なので、更なる失意のシーズンになることもあり得ますが……。

    どらきちさん2015/09/16 01:17に投稿

    6
    そう思う!
  • MSNに比べるとBBCはバランスが悪い。3人ともが他のアシストに回る事ができるMSNの方が上でしょう。スアレスが今年は出場試合が増える事だし、MSNは去年を上回る得点も期待できる。

    ストリーマーさん2015/09/17 09:29に投稿

    4
    そう思う!
  • BBCの方が上だと思う。
    それは中盤の差。
    ハメス、イスコ、モドリッチ、クロースと中盤が充実している。
    それに対しバルサはシャビがいなくなっており中盤の差が如実になるシーズンになると思う。メッシがフィニッシャーじゃなくなりつつあるようだし。ネイマールとスアレスがどこまで取れるかじゃないかな。ただレアルはベイルじゃなくハメスのほうが得点を多く取りそう。

    ファルコンさん2015/09/19 12:11に投稿

    4
    そう思う!
  • MSNかな。
    まず、スアレスが開幕から出場できること。これで確実に上積みが見込める。また、3人を含めた他のメンバーとの連携が素晴らしいこと。メッシの献身性があがっていることからもトータルで勝ち。
    BBCは、ロナウドは例年並みにゴールを重ねると思うが、BBは昨年並みかと。

    たったこさん2015/09/16 21:12に投稿

    3
    そう思う!
  • メッシとCロナウドの両エースの次に優秀なストライカーは、頭ひとつ抜けている感があるスアレスがいる分MSN。去年は処分により開幕から出場できなかったし、移籍直後で連携面も難しかったが、あれだけの結果を残したわけで、それを考えればゴールの上積み必死でしょ。

    わっきーさん2015/09/17 19:05に投稿

    2
    そう思う!
  • 南米三強のエースを並べるバルサの方が好みではありますが、フィニッシュに特化したクリスティアーノに期待します。

    たけまろさん2015/09/17 20:09に投稿

    1
    そう思う!
  • ロナウドの爆発力は秀でているし、ベンゼマ、ベイル、ロドリゲス、と何処からでも点は取れます。クロース、モドリッチ、のパサーとしての資質も優秀です。期待を込めてレアルマドリーです。

    airさん2015/09/18 15:30に投稿

    1
    そう思う!
  • イーブンな条件で争えば恐らく差はつかない。

    重要なのはコンディション。昨シーズンと異なるのは、南米でワールドカップ予選が始まることだ。

    長距離移動を伴う帰国。各国リーグ、CLが終了する来年5月までの間に、2連戦が3回、計6試合。南米3強のエースであるバルサMSNは、ここでもフル稼働だろう。バルサの起用法にもよるが、コンディションを崩す危険性は昨シーズンよりも大きい。

    一方のレアルBBCはいずれもヨーロッパの選手。来年行われるEUROの予選も終盤を迎えている。ウェールズが望外?で好位置につけ、フランスは開催国でモチベーションは高い。本大会に向け状態を上げていくだろう。ポルトガルは…予選突破は濃厚だが、『C』はそのような要素とは関係なく、普段通りの結果を残すのでは?(笑)

    それぞれの実力、チーム力では判断がつかず、スケジュール的な要素にフォーカスしてレアルBBCに軍配。

    けんぼーパパさん2015/09/19 08:44に投稿

    0
    そう思う!

ページトップ