F1ピットストップBACK NUMBER

成績低迷が引き起こした泥仕合。
ホンダ&マクラーレンで内紛アリ!?

posted2015/09/13 10:30

 
成績低迷が引き起こした泥仕合。ホンダ&マクラーレンで内紛アリ!?<Number Web> photograph by Masahiro Owari

会見でメディアからの質問に応える新井康久総責任者。汚名をそそぐには結果を残すしかないのだが……。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Masahiro Owari

 ホンダの新井康久総責任者が集中砲火とも思えるような質問を多くのメディアに浴びせられたのは、イタリアGPの予選後に、モンツァのパドックにあるマクラーレンのモーターホームで開かれた会見のことだった。

「このような悲惨なパフォーマンスを披露して辞任する意思はないのか?」

「出来の悪いパワーユニットのせいで、2人のチャンピオンドライバーのキャリアが損なわれていることに対して、彼らに謝罪はしたのか、あるいはこれから謝罪するつもりはないのか?」

「結果が出せないことを恥ずかしく思っているか?」

 この会見には新井総責任者のほか、マクラーレンからエリック・ブーリエ(レーシングディレクター)、そしてフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンのドライバーが出席。

 しかし、その半分以上が新井総責任者への質問であり、その内容はホンダに対する批判ばかりだった。

 開幕戦や、マクラーレンの地元であるイギリスGPでも厳しい質問はあったが、今回の激しさはその比ではなかった。

 それには、じつは伏線があった。

マクラーレンとホンダの間に亀裂が!?

 イタリアGP前に、新井総責任者があるメディアに「ルノーよりも25馬力勝っている」という主旨のコメントを語っていたことだった。

 イギリス人にとってマクラーレンは誇りである。そのマクラーレンがパワーユニットの馬力不足で苦しんでいるときに、「ルノーには勝っている」と言ったものだから、マクラーレンとホンダ両者の関係に波風を立てる形となった。

 しかし、そこには誤解があった。

【次ページ】 本当は「ルノーにも勝っていない」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
マクラーレン・ホンダ
新井康久
フェルナンド・アロンソ
ジェンソン・バトン

ページトップ