川藤幸三の名言 

今日の名言 

ワシらが入った頃から阪神タイガースはずっとスターがメインにおるチームやった。投手側、野手側……必ず両方にスターがいて、スター中心のチームだったんです。

川藤幸三(プロ野球)

2015/09/14

投手では村山実に江夏豊、打者では田淵幸一、掛布雅之……。昭和の阪神はスター主義のチームだったと川藤は証言する。「スターと監督に確執が起こるとフロントはどうするか。全部、スターをとってきた。だからスター選手は『オレはこうしとったらエエんや』と自分のことばかり考えるようになって、オレありきのチームになってしまう」。この傾向は平成になっても続き、2002年の星野監督就任まで変わることなく続いたのであった。

Number885号(2015/09/03)

ページトップ