オリンピックへの道BACK NUMBER

紛糾した東京五輪エンブレム問題。
足りなかったのは、大会の“理念”。

posted2015/09/06 10:30

 
紛糾した東京五輪エンブレム問題。足りなかったのは、大会の“理念”。<Number Web> photograph by Getty Images

東京五輪のスポンサー各社を含め、既にエンブレムを使った広告や商品を製作していた企業は対応に追われている。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Getty Images

 9月1日、2020年東京五輪の大会組織委員会は、公式エンブレムの使用中止を決定した。

 エンブレム決定と発表以来、さまざまな出来事や動きがあり、多くの問題点も噴出した。

 主に取沙汰されてきたこととは別に、一連の流れの中でずっと感じていたことがある。

 個人的には、デザインという言葉から連想するのは、まずは雑誌のデザインである。雑誌の編集部に勤務していた頃もそうだが、その後フリーランスとなったあとも、書籍や雑誌などの編集に携わる機会はしばしばある。

 それらの経験から言えるのは、誌面をデザインするにあたっては、デザインは独立して存在するのではないということだ。はじめに、雑誌の狙いやコンセプト、もっと言えばその雑誌の理念がある。そのもとでデザインは行なわれるということだ。

 別の言い方をすれば、雑誌の大枠があり、その大枠の中でときどきの特集があって、特集ごとの方向性は打ち出される。その方向性が、場合によっては大枠を破るときもあるかもしれないが、それでも、雑誌の理念やコンセプト、特集の方向性、という順に違いはない。

 そういう仕組みの上で、誌面全体を取りまとめるアートディレクターがいて、その下で複数のデザイナーが作業する。白紙の状態から、アートディレクターの願望のままにデザインがなされ誌面が構成されるわけではない。むろん、デザインする側からの視点や意見も出されるが、その前提となるコンセプトを無視したり、壊すわけにはいかない。

 理念やコンセプトの枠の内にあっても、アートディレクター、デザイナーが異なれば誌面の色合いも違ってくる。「制限」があっても、必ずそこに個性は表れる。

チームスポーツにおける、戦術と個性の関係性。

 スポーツ、特にチームスポーツでも同様のことが言える。

 チームの理想像、目指す方向、目標があって、さらに戦略そして戦術がある。その戦術のもとで、選手はプレーする。戦術がなければ勝利に結びつかない。一見、戦術を破っているように見える瞬間があっても、それはベースとなる戦術があればこそであり、何のベースもないわけではない。

 そして戦術があっても、選手の個性は浮き彫りになる。発揮される。

 そうして考えてみると、雑誌におけるデザインもチームスポーツも、共通する部分があるように思える。

【次ページ】 デザインを発注する側の、伝える能力。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
東京五輪
オリンピック

ページトップ