野球クロスロードBACK NUMBER

巨人4連覇へラストピースは大竹寛!
不振の2年目を「勝負と雪辱の9月」に。

posted2015/09/01 10:30

 
巨人4連覇へラストピースは大竹寛!不振の2年目を「勝負と雪辱の9月」に。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

今季はここまで2勝3敗と苦しいシーズンを過ごしている大竹寛。しかし防御率は2.55と悪くなく、波に乗れば一気に勝ち星を稼ぐことも充分考えられる。

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 ノーヒットノーランがあるかもしれない――。それはまさに、球場全体を味方につけたような投球だった。

 8月29日の中日戦。7回を無失点に抑え、今季2勝目をマークした巨人・大竹寛のパフォーマンスは、それほど圧巻だった。

 初回のファインプレー。それが、大竹が思い描くシナリオを具現化させてくれた。

 1番・大島洋平の三塁線へのライナーを、サードの村田修一がダイビングキャッチ。

「あれは大きかったです」と胸をなでおろした大竹は、完全に自分の領域を作ることができた。

「一人ひとり丁寧に打ち取ろう」

 大竹らしい打たせて取る投球はもちろん、イニング間でも、相手打者がコールされ打席に向かおうとしてもなお、投球練習を続ける余裕を見せていた。大竹が自身の投球を振り返る。

「基本は真っ直ぐでした。ファウルや空振りを取るのはもちろんですけど、自分のなかではストライクゾーンで勝負しにいくことが大事だと思って。投げるときは、しっかりと低めで勝負できたのがよかったです」

多彩な球種の中で、一番生きたのはカーブ。

 この日のストレートの最速は146キロと威力は抜群だった。変化球にしても「まずまずコントロールできていたと思います」と及第点をつけたように、得意ボールのシュート、スライダーのコンビネーションも光った。そして、従来のウイニングショットであるチェンジアップ、春先から習得に励んでいるフォークも効果的に織り交ぜることができた。

 なかでも、この日、中日打線を手玉に取れた最大の要因はカーブだった。

 例えば、冒頭に挙げた大島との対決である。

 3球目にカーブを投げたことが伏線となり、ほんの少しタイミングを崩すことができた。結果論かもしれないが、それが村田のファインプレーを呼び込んだと言える。この打席以外にも左打者の森野将彦や亀澤恭平に対して、初球にカーブを投じることで打ち気をそらすことができた。

「カーブがいいところに決まるとやっぱりいいんで。カウントによってうまく使い分けることができたと思います」

【次ページ】 ノーヒットノーランが潰えても意に介さず。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
原辰徳
大竹寛
読売ジャイアンツ

ページトップ