セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

テベスもピルロも去ったセリエA。
今季は'90年代生まれの下克上の時!

posted2015/08/26 10:40

 
テベスもピルロも去ったセリエA。今季は'90年代生まれの下克上の時!<Number Web> photograph by AFLO

U-21イタリア代表では10番を背負ってプレーし、サッスオーロでももはや不動のエースとなったベラルディ。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

AFLO

 今こそ下克上のときだ。

 FWテベスもMFピルロも去った今季のセリエAで、主役の座を奪うべきは'90年代生まれの若者たちだ。

 リオ五輪世代にあたるイタリアの若手選手のうち、サッスオーロのエースFWベラルディは、今季の開幕に臨むに当たって3つの目標を立てた。

「より自制心をもつこと。もっと多くのゴールを奪って、チームを中位以上に引き上げること。そして、EUROフランス大会に行くんだ」

 ベラルディは、8月にようやく21歳になった。

 露出度でいえば、'93年生まれのFWディバラ(ユベントス)やMFアンデルソン(ラツィオ)の陰に隠れている印象があるが、サッスオーロでの過去2季で合計31得点を挙げた実績は抜群だ。セリエAで20歳以下の新米ストライカーが、29試合で16点を奪った1年目の後、2年目は32試合で15ゴールと2年続けて二桁ゴールを決めて見せたのだ。

問題児扱いもされてきたが、才能は本物。

 15歳のとき、ベラルディはサッスオーロに近いモデナで働いていた兄のところへ遊びに行き、たまたま参加した5人制サッカーの大会でスカウトされて、そのままサッスオーロへ連れて行かれた。家族への連絡はしたけれど、引越しも転校手続きも全部後回し。故郷カラブリアから遠く離れ、鄙びた田舎町でサッカーだけに打ち込んだ。

 クラブのセリエA昇格がかかっていた大事な時期に、ユース代表の招集を拒否して協会から大目玉をくらったこともある。インタビュー嫌いで口下手なベラルディは、問題児扱いされるようになったが、10代の時点で才能はすでに本物だった。

 '14年1月、MF本田圭佑がセリエAデビューを果たした試合で、ミラン相手に史上初めて1人で4得点を叩き込んだ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』社内では、ベラルディの選手採点をめぐって、禁断の10点満点を与えるかどうかで記者とデスクが口論になったという。

【次ページ】 バッジョ、トッティを彷彿とさせる9・1/2番。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ドメニコ・ベラルディ
サッスオーロ

ページトップ